西川 桂子

 今年の6月に50度近い、これまでにない高温、さらには大規模な山火事に襲われた、カナダ西部のブリティッシュ・コロンビア州で11月13日夜から15日にかけて大雨が降り、またもや大きな被害を受けました。 ..

  • 0 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 1786年以来、バルセロナのカテドラル前の広場で毎年催されているクリスマスフェアに行ってまいりました。  今年で235回目。 長い間、人々のクリスマスを光と夢で満たし続けてくれたもっとも古いフェアです。  今年は、11月26日からクリスマス直前の12月23日まで催されているそうです ..

  • 1 ビュー
  • 0 コメント

屋台のおやつ 1

2021.12.04 up

龍崎 節子

 メキシコの街角では、その人出に合わせてさまざまな屋台で食べ物が売られています。もちろん、タコスはその筆頭。ですがタコスはあくまでも「食事」「軽食」の位置付け。そのほかにもたくさんのおやつがあります。 死者の日のお祭りに、いくつか出ていたお店が気になりました。  まずは茹でとうもろこし。 ..

  • 3 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 11月に入ってから、コロナ感染者数が激増中のオランダ。感染者数の昨年のピーク時をはるかに超え、病院への感染者収容数は日々2000人を超えています。そこで11月19日、オランダ政府はロックダウンを発令しました。ロックダウンといえども、昨年は義務であった夜間外出禁止令や飲食店や学校の閉鎖といった厳しい ..

  • 6 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 とうとう、11月26日よりバルセロナもフランスと同様に、ワクチンを受けていない人への、行動規制を開始すると発表いたしました。  いわゆる、公共スペースや施設の利用を禁止され、バルやレストラン店内、スポーツ施設などにおいて、衛生パス提示義務が生じるのです。  夏以降、スペインよりも規 ..

  • 11 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 ブラジルのミナスジェライスライス州原産の「オラ・プロ・ノビス」という、長年にわたって庶民に食されてきた植物があります。オラ・プロ・ノビスは「我々のために祈り給え」という意味があり、サボテンの一種で、「緑の肉」「貧者の肉」とも呼ばれてきました。たんぱく質25%および豊富なミネラルを含み、「陸のわかめ ..

  • 10 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 年末の海外旅行の行き先が、まだ決まっていなければ、是非バルセロナを訪問してほしい! 11月中旬、街は活発にクリスマスに向けての準備をしています。  バルセロナ市議会は、今年クリスマスイルミネーションの予算を大幅に増やしたそうです。  例えば、今まで2億円かけていたのを3億円 ..

  • 56 ビュー
  • 0 コメント
西川 桂子

 バンクーバーで10月29〜31日に開催された、フィギュアスケートのスケートカナダの観戦に行ってきました。グランプリシリーズの第2戦でした。  実はフィギュアスケートのアリーナでの観戦は生まれて初めて。  その上、ここ数年、テレビで観戦することもあまりありませんでした。  観に行っ ..

  • 41 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 別に欲しいと思っていなかったけれど、ときどき「買いたい」と思わせる心理にさせるものがありますね。  まず、多くの物に溢れている中で 存在を認識させなければなりません。  何か欲しいものが決まっていて買い物に来る人が殆どですから、まず、売りたい商品に興味を持たせることから始めなくては ..

  • 48 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 11月1日は、キリスト教の祝日で「諸聖人の日」。家族が集まり、墓地へ訪問し死者が神聖への旅を続けることができるように祈ります。  日本のお盆の「いとこ」のような祝日でしょうか。  835年に教皇グレゴリウス4世がこの休日を確立して以来、既知および未知のすべての聖人を称える方法として ..

  • 87 ビュー
  • 0 コメント