フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

世界で2番目に大きい24000ピースのパズルが床に展示してある店内。4.28m×1.57m

世界で2番目に大きい24000ピースのパズルが床に展示してある店内。4.28m×1.57m

 毎年、クリスマスの贈り物として人気なのは、パズルだとご存知でしたか?
そこで、欧州で唯一の「パズル専門店」が存在するので、ご紹介いたします。
スペインはバルセロナ市、フランスではナント市に店を構える「パズルマニア」社です。


現社長キャロリンヌ・ベイエスさんが、16年前に創業。お気に入りのパズルとパチリ!

現社長キャロリンヌ・ベイエスさんが、16年前に創業。お気に入りのパズルとパチリ!

 お店を持とうと思った理由は、お父様が玩具店経営、長年の経験で感じた「パズルは年代・性別・場所を問わず需要が高い」ところに目を付けたのだそうです。


世界一大きいパズルは5m44×1m92、32000ピース。絵はこの一種類のみ

世界一大きいパズルは5m44×1m92、32000ピース。絵はこの一種類のみ

 一番小さいパズルは、木製の5ミリのピース99個からなる5.5×6.5cmのものです。
普通のピースは2cm四方だから、かなり小さいです。

店内の商品は、ドイツ・イタリア・オランダ・チェコなどの海外のものもあります。
アメリカ製は、絵が好まれず売れなかったので、もう置かなくなったそうです。
最近は、中国製が占めてきたという…これはどの業界でも耳にしますね。


個人の写真をパズルにして、永遠保存にするのも悪くない!

個人の写真をパズルにして、永遠保存にするのも悪くない!

 プレゼント用として、お客さんが持参した写真をパズルにするのも人気だそうです。
サイズは、40~1120ピースの間で5サイズあり、約2000~7500円で作ってくれます。


海外で大流行の「爆丸」がボール型パズルになって販売。約2千円

海外で大流行の「爆丸」がボール型パズルになって販売。約2千円

 スペインでは1月6日のロワ・マージの日(公現祭)に、クリスマス同様プレゼントを交換し合う日なので、クリスマスが終わった年明けも、日曜日・正月も休まず頑張っていました。

ネット上でも販売していて、南アメリカ諸国からの注文が多いそうです。www/puzzlemania.net

あなたも興味あるパズルを見つけて、熱中してみませんか?


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 1633 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website