オランダ

オランダ:ハーレム

倉田 直子(くらた なおこ)

職業…ライター
居住都市…ハーレム(オランダ)

前の月へ

2019.11

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スコットランドにはふくよかな方が非常に多いです。
世界の先進国において、肥満と診断される成人の割合が最も多いのはアメリカで、2番目がここスコットランドなのだそうです。
フィッシュ・アンド・チップス(ジャガイモと白身魚のフライ)と甘いお菓子をこよなく愛する民族なので、太るのも仕方ないよなと思います。

私が住むアバディーン郊外のストーンヘイブン(Stonehaven)という街に、そのスコットランドを象徴するようなB級グルメが存在するのでご紹介したいと思います。

その名も「Battered Mars Bar(マーズバーフライ)」という食べ物です。

イギリスには元々、「Mars Bar(マーズバー)」というヌガー入りのチョコレートバーがあり、こちらでは定番お菓子です。


http://www.mars.com/global/index.aspxより

http://www.mars.com/global/index.aspxより

このマーズバーを、フィッシュ・アンド・チップスを作る際につける揚げ衣(batter)を付けて揚げてしまったお菓子なのです。

今でこそ様々なお店で取り扱っているこのマーズバーフライですが、元々はストーンヘイブンの「The Haven(ヘイブン)」というお店が1995年に売り出したのが発祥なのです。
※現在はオーナーが変わって店名が「The Carron Fish Bar(キャロン・フィッシュバー)」となりました。


これがお店の外観。
テイクアウト専門の小さなお店です。


お店の外にも誇らしげに「世界的に有名なマーズバーフライ発祥の地です」と書かれていますね。


これがその、マーズバーフライの実物です。
1個1.5ポンド(約235円)也。

作り方は、マーズバーにフィッシュ・アンド・チップスの揚げ衣(小麦粉とビールを練ったもの)を絡めて揚げるだけ…なのですが、マーズバーは温まりすぎるとチョコレートが揚げ油に溶けてしまうので、調理直前まで冷蔵庫で冷やしておくそうです。
こういうB級グルメにも、意外なこだわりがあるんですね。

そして味は、予想よりはるかに美味しかったです。
正直に言うと食べるまで際物扱いしていたんですが、サクサクの揚げ衣とトロッとしたチョコレートの風味が意外なほどにマッチしていました。
クセになりそうな、危険な味です。
ただ、カロリーは1個2000kcalくらいあるんじゃないかと言われているので、頻繁に食べるのは非常に危険ですね。
スコットランド人並みの体型にならないために、しばらく時間を置いてから再挑戦したいと思います。


レポーター「倉田 直子」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

4 - Comments

いとうより:

2013 年 10 月 14 日 13:24:28

いとうです。
ですよね、冒頭から気になっていたのはカロリー。2000Kcalなんて、
ほぼ1日分のカロリーですね。
でも、あげることによりトロッと溶けて、より甘みを引き出してさらに
外側はサクサクなんて、おいしそう。

石田より:

2013 年 10 月 18 日 01:45:57

カロリーのカタマリにカロリーのカタマリを足して作るなんて・・・!

まあ、味的には美味そうなのは間違いないと思いますが、
実際に食べるとなると・・・。
一口で我慢できるかなあ。

倉田直子より:

2013 年 10 月 27 日 19:09:42

いとうさま
カロリーは正確に測っている訳ではないので、実際のところは不明です。
でも、高くない訳ないですよね。
身体に悪い食べ物ほど美味なのは皮肉です。

倉田直子より:

2013 年 10 月 27 日 19:12:01

石田さま
我が家は、私・夫・娘の三人で分けました。
娘はほんの2口くらいでしたけど、子供の一日必要カロリーは摂取したかもしれませんね。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website