フランス

フランス:ボルドー

針谷綾子(ハリガイアヤコ)

職業…シャトーでのワイン販売/ぶどう畑(シーズン時)
居住都市…ボルドー(フランス)
→こちらで記事をかきはじめた頃はニュージーランド南島のブレナムに滞在していました。2012年の夏から夫の仕事の関係でフランスのボルドー地方のマルゴーに住み始めました。現在滞在7年目です。ボルドーレッドで有名なワインの町です。ボルドーは小さなパリと呼ばれており、観光地としても人気があります。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

小さな村の音楽祭

2014.09.24 up

たくさんの人たちでにぎわっています

たくさんの人たちでにぎわっています

ボルドー市内からぶどう畑を車で半時間ほど走ると、Macauという村があります。小さな村ですが、周辺の村の中では一番住んでいる人の数も多く年間を通していろいろなイベントが開催されています。観光客はほとんど訪れない村ではありますが、だからこそ人々の日常の生活感が非常によく知る場所です。


村の中心の教会

村の中心の教会

9月5、6日の週末は夏の終わり、そして収穫前のお祭りとして毎年音楽祭開催されます。お祭りといっても日本の様にたくさんの露店がでて、いろんな食べ物が販売されていてゲームをして.....というイメージとは全く違います。ローカルの人たちばかりなのでみんな知り合いばかり。それぞれピクニック気分でイスやテーブル、テントまでも用意して町の中心の教会前にわいわい集まっていました。露店らしきものは、ビールなど飲み物を販売しているテントと手作りアクセサリーを販売している二つのみ。


フランスらしいといえば、子供もたくさん参加し家族向けの音楽祭ですが、開始時間は夜の10時。そして終わりは翌1時。まさにフランスの夜は長いのでした。子供も大人もみんな一緒になって、好きに躍りまくり(笑)フランスの人が踊りと音楽が大好きなのは、こうして自然に子供のころからふれあう時間が多いからなんでしょうね。


ファイヤーポーイもありました

ファイヤーポーイもありました

特に夏だからこそ、こうして深夜でも外でみんなで楽しめる。小さなお祭にもかかわらず、村の人たちがほとんどみんなここにいるのではないかと思えるほどの集客ができるお祭。だからこそ毎年恒例でこうして開催されるんですね。来年の音楽祭が待ち遠しいです。→その頃までにはもっとダンスを練習しておかなければ(笑)



レポーター「針谷綾子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 462 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website