ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2020.2

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
コロナを町に入れない!!駅前の「衛生ステーション」

 電車の駅を出るともう一つの駅が出現。その名も「衛生ステーション」。  サンパウロ市に隣接するオザスコ市。多くの人がサンパウロ市内にも通勤しています。両市を結ぶオザスコの中心地にある鉄道(CPTM)のオザスコ駅は、コロナウイルス騒動が発生する前までは一日約35万人が利用していました。外出自粛が ..

  • 59 ビュー
  • コメント
多国籍難民と移民が集住する元ホテルのビル、今ほしいのは仕事、食料、マスク

 サンパウロでは3月23日から本格的な外出自粛が始まり、二週間の予定が5月10日までに延長されました。食料品店、薬局、病院、銀行、公共交通機関等、絶対に生活に欠かせない分野の仕事以外は休業や在宅ワークを余儀なくされ、労働時間も短縮されていることがほとんどです。  その様な中、もっとも困難な状況 ..

  • 67 ビュー
  • コメント
食料や衛生用品を買うのも厳しい人々へ『愛』をお届け!

 3月23日からの外出自粛要請で、経営者は仕事ができない、もしくは規模や時間の縮小を余儀なくされ、従業員に給料が払えない。そして、その従業員たちも預貯金がない人々は今食べる食料や必要な衛生用品も購入できない、という状況が既にサンパウロで訪れています。  経済力の格差社会であることをまともに目に ..

  • 43 ビュー
  • コメント
コロナで狂う世界、サクラも狂い咲き

 「今年の1月、2月が例年より低温だったため、毎年6月に始まる沖縄由来の桜の開花が、2カ月早い4月に始まりました。“狂い咲き”は一部の花のことを言いますが、これは本格的です。温暖化が叫ばれる時代、逆の現象ですね。」 と話すのは、サンパウロ州アチバイア市在住の中沢宏一さん(76、宮城県出身)。 ..

  • 45 ビュー
  • コメント
政府が一時的に遠隔医療を許可

 コロナウイルスの影響で3月23日から本格的な外出自粛モードに入ったブラジル。街の人通りはめっきり減り、買い物やどうしても移動が必要とされる仕事の人以外は人の往来も減り、サンパウロはこれまでになく静かな町となっています。  それでも、通りの人の動きは減少しても、屋内とネット上の動きがストップし ..

  • 119 ビュー
  • コメント
州立高校でコロナウイルスとそのヘイト対策に向き合う時間

 海外でコロナウイルスが大きな問題と扱われ始めた2月始め頃から、ブラジルでは感染がまだ直接的に広がりを見せる気配はなかったにもかかわらず、アジア人というだけで警戒される様な言動をされる動きが見られていました。  例えば、グアルーリョス国際空港からタクシーを利用した日本人は、とにかく、運転手から ..

  • 80 ビュー
  • コメント
いよいよ市民生活へ直接的影響が現れる

 2020年3月の2週目に入り遅ればせながらサンパウロでも日常の市民生活にコロナウイルスによる直接的影響が見られるようになりました。  薬局ではジェルタイプのアルコールが売り切れ、列に並んで店員に注文しなければならない、購入数が制限されるなど、海外でも見られた同じ現象が発生するようになりました ..

  • 142 ビュー
  • コメント
ブラジル秘宝の植物「我々のために祈り給え」を日本人が市場向けに栽培

 ブラジルのミナスジェライス州には、ミナス料理として知られる郷土料理があります。その料理で使われる食材に「オラ・プロ・ノビス」という植物があります。  同州では昔から教会によく植えられその葉が食され、「カルネ・デ・ポブレ(貧者の肉)」「カルネ・デ・ベルジ(緑の肉)」との異名があり、事実、現代の ..

  • 79 ビュー
  • コメント
世界で異なる空気質の表示、数値よりも肌感覚?

 「うわぁ、ミュンヘンは空気が良くて治安も安心、パンもコーヒーもおいしいし、もうとても快適な旅です!」  普段サンパウロ市で生活している人がドイツのミュンヘンに降り立てば、こんな言葉が口をついて出てくるはずです。しかしそこでドイツ在住の友人から衝撃の一言。 「えっ!今日のミュンヘンは空気 ..

  • 120 ビュー
  • コメント
時代を先駆ける点字メニュー

 サンパウロ市内のレストランで時代に先駆けて「点字メニュー」の導入を始めたレストランがあります。ブラジルの醍醐味である南米の川魚料理専門店『ランショ・リオ・ドーセ』での取り組みです。  同レストランのオーナー、坂口功治さん(71、福岡県出身)は、今から20年以上前に既に点字に対する高い関心があ ..

  • 116 ビュー
  • コメント

Archives