台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
修学旅行の高校生と台湾の高校生の国際交流2018 その4

 こちらも看板クラブのカラーガードの演技が続けて披露されました。学園生活がテーマで、韓国語の歌(歌の名前と歌手を知っていたら、コメント欄までお願いします)に乗っての演技でした。 *参考 https://www.youtube.com/watch?v=_H5akGxyA9k   ..

  • 32 ビュー
  • コメント
修学旅行の高校生と台湾の高校生の国際交流2018 その3

 以前も紹介しましたが、10月に入り修学旅行の高校生が多くなってきたように思います。実際、2016(平成28)年度には42都道府県、262校、4万1878人(生徒数)が台湾を訪れ、海外では旅行先の第1位を記録しているそうで、街でも日本の高校の制服を着た方を見かける機会も多くなりました。 ..

  • 21 ビュー
  • コメント
修学旅行の高校生と台湾の高校生の国際交流2018 その2

 ダンスと弦楽器の演奏の後は、両校代表のあいさつが行われ、その後は両校の学校紹介。  北一女側が最初に行いましたが、日本語の紹介は今回が初めて。様子を見ていましたが、細かい部分を除いては概ね練習通りできていた感じでした。緊張しながらでも、最後までやり遂げることができました。 ..

  • 41 ビュー
  • コメント
修学旅行の高校生と台湾の高校生の国際交流2018 その1

 10月になると台湾の高校では日本から修学旅行で訪れる高校との国際交流の話をよく聞きます。私の時代は、修学旅行で「海外」は想像もできなかったのですが、今は普通になりつつあるようです。時期的には10月〜12月が一番多いように思います。  今回から、10月2〜5日に修学旅行を行った大阪府立天王寺高 ..

  • 30 ビュー
  • コメント
学術機関としても撮影スポットとしても魅力的なトロント大学 その2

 キャンパスツアーは、「当日でも受け付けできますよ」ということで当日行きましたが、先に予約の有無の確認を行うので、下記URLのホームページから予約をしてから行くと、スムーズに受け付け作業が進み、説明に困ることはないと思います。 https://apply.adm.utoronto.ca/porta ..

  • 41 ビュー
  • コメント
学術機関としても撮影スポットとしても魅力的なトロント大学 その1

 トロント大学は、さまざまな世界大学ランキングで上位30傑に入る名門大学であると同時に、1827年創立の長い歴史と、カナダ一広い大学でもあります。  台北市立第一女子高級中學からも去年、今年と2人ずつ進学していて、どんなところか気になっていたので、見に行ってきました。   ..

  • 32 ビュー
  • コメント
アイスホッケー文化の集大成  ホッケーの殿堂 その3

 国際アイスホッケー連盟の殿堂に入っている日本人は3人。  まずは、川渕務(かわぶち・つとむ)氏。日本アイスホッケー連盟のHPによると、「日本女子アイスホッケーの父」とも呼ばれる存在で、1998年の長野五輪の女子アイスホッケー日本代表のリーダーを務めました。女子アイスホッケーの普及振興に尽力し ..

  • 42 ビュー
  • 2 コメント
スコシアバンク・アリーナ観戦ガイド その3

 座席に向かうと、クッション付の席が迎えてくれました。これなら長時間座ってもお尻が痛くならなくて済みそうなだけでなく、高級感が感じられるのがいいと思いました。   ..

  • 37 ビュー
  • コメント
スコシアバンク・アリーナ観戦ガイド その2

 人が集まり、並び始めたので、私も並びました。ここで係員から「その荷物を預けてください」の一言。訳が分からず、もう一度聞いたら「バックパックやブリーフケースは預ける所があるから、そこに預けてください」ということ。「何でかな…」と思ったら、上の写真にある注意書きにありました。  ロジャースセンタ ..

  • 43 ビュー
  • コメント
スコシアバンク・アリーナ観戦ガイド その1

 トロントは、MLBのブルージェイズの試合観戦が主目的でした。  スタジアムツアーで、ロジャースセンターのすぐ近くにはNBAのトロント・ラプターズ、NHLのトロント・メイプルリーフスの本拠地であるスコシアバンク・アリーナ(Scotiabank Arena。2018年7月までは「エアカナダ・セン ..

  • 35 ビュー
  • コメント

Archives