ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2020.3

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
感染予防で挨拶は合掌「ナマステ」に回帰

 先日ネパール政府は、新型コロナ完成予防のため、8カ国の国籍者へのアライバルビザ発給停止をお伝えしましたが、その後WHOのパンデミック宣言を受け、4月30日まで全ての海外からの渡航者に対しアライバルビザ発給停止としました。また、すでに申請、発給済み登山許可証も保留としました。 ..

  • 20 ビュー
  • コメント
日本人など8カ国にアライバルビザ発給停止措置

 新型コロナウイルス感染が世界各地で拡大し続けている中、当地ネパールでも感染拡大を防ぐため、様々な対策がとられています。 ..

  • 59 ビュー
  • コメント
国際空港でコロナウイルススクリーン100名スルー?!騒動

 武漢で発生した新型コロナウイルスですが、ネパールでも中国からの帰国者から感染者が1名見つかり、隔離入院の措置がとられました。幸い無症状で容態は安定しているとのことです。 ..

  • 123 ビュー
  • コメント
2020ネパール観光年 イエティ大量出没!

 秋頃からツーリストスポットにド派手で巨大なゴリラのような像が設置されていて、その数は次第に増えてきています。  2020年のネパール観光年に向けてのマスコット?ヒマラヤ奥地に棲息すると言われる幻の類人猿イエティのようです。  アート作品として様々なテーマのペイントが施され、そのクオリテ ..

  • 88 ビュー
  • コメント
生理をタブーにしないで!

日本のデパートで女性社員が「生理中」を知らせるバッヂを付けるというニュースが議論を呼んでいましたね。 ネパールでは宗教上生理は「穢れ」として扱われ、神聖であると考えられている台所や家屋への侵入を禁止されたり、農村部では未だ屋外の小屋に隔離されることもあり死亡事故が発生したりもしています。また、職場 ..

  • 93 ビュー
  • コメント
無駄ゼロ!液体ソープの量り売り

週末やフェスティバルシーズンに開催されるポップアップマーケット。その回数も増え、規模も大きくなりつつあり、お気に入りショップでお目当の商品や掘り出し物を探す楽しみでもあります。 ..

  • 116 ビュー
  • コメント
便利屋アプリで司祭も迅速に手配!

ネパール国内の携帯電話網の整備が進み、急激にスマホの所持率も高まって、停電もほとんどなくなり、以前では考えられないほど便利な生活を享受できるようになりました。 ..

  • 118 ビュー
  • コメント
モモ専門ファストフードチェーンがブレイク!

ネパールの国民食モモ(蒸し餃子)についてはこれまでも何度か話題にしてきました。屋台や食堂、レストラン、カフェでもメニューにある庶民に人気の食べ物ですが、モモ専門のファストフードチェーンがカトマンズ盆地各所に支店を展開し、人気を集めています。 ..

  • 184 ビュー
  • コメント
民族、地方の味を探求フードツーリズムのススメ

来たる2020年はネパール観光年です。世界遺産やヒマラヤ観光だけでなく、農村や紅茶の産地を訪ねるアグロツーリズム、ヨガやアーユルヴェーダ体験のメディカルツーリズム、空や川でのスポーツ、自転車やマラソンレースに参加するスポーツツーリズムが楽しめます。そして、もうひとつ忘れてはならないのが食! ..

  • 261 ビュー
  • コメント
古タイヤをアップサイクル

世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示すWWFの「EARTH HOUR(アースアワー)」というプロジェクトのエコソーシャルジャムというイベントが開催されました。 ..

  • 272 ビュー
  • コメント

Archives