スウェーデン

スウェーデン:ウメオ

山本 グィスラソン 由佳(やまもと ぐぃすらそん ゆか)

職業:音楽関係
居住都市:ウメオ(スウェーデン)

前の月へ

2017.3

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
雪像にも見る、スウェーデンのデザイン性

ウメオの冬の間、ヨーテボリに住んでいた時は見かけることがなかったものの一つに「雪像」があります。 日本で雪まつりとして行われるものの縮小版のような雰囲気で、露店などは出ておらず「市民が作った雪像を眺めて、ベストと思ったものに一票」というような小イベントですが、 雪像で表現される対象物が、さす ..

タグ:ウメオ,雪像

  • 5 ビュー
  • コメント
大学も、大学らしくない?

ウメオといえば、大学の街。 市民の4分の1が、大学生か大学関係者とも言われていますが、実際にウメオ大学を観察してみたところで、先日の話題の大学病院と同様、ずいぶん大学らしくない雰囲気だなあと思ったものです。 ..

タグ:ウメオ,大学

  • 21 ビュー
  • 1 コメント
珍しくない、立ち乗りリフト

北国ウメオでは、市内にもスキー場が数カ所あり、少し郊外に行くと大規模なスキーリゾートもあります。 先日、ウメオ市内のスキー場に行ってみたのですが、面白いなあと思ったのが「立ち乗りリフト」 日本のスキー場では、座って乗るリフトしか見たことないので、立って乗っている様子を興味深く観察しておりまし ..

  • 70 ビュー
  • コメント
病院らしくない? ウメオの大学病院

ウメオというと「大学と病院の街」として知られていますが、ウメオ市内最大の大学病院(universitetssjukhuset)に行くと、以前に住んでいたヨーテボリと比べて、病院らしくない病院、という印象を受けます。 というのは、単なる病院というより、大きな総合施設、というイメージ。エントランス ..

タグ:病院,ウメオ

  • 53 ビュー
  • コメント
シュールストレミング ウメオではスーパーで販売

シュールストレミング(surströmming) スウェーデンの珍味として、日本の皆様もご存知の方が多いと思います。 世界一臭いの強烈な食品、昔ながらの製法で、薄い塩水に漬けたニシンを木の樽の中で極限まで発酵させたものが、缶詰に入って売られています。 ヨーテボリに住んでいた時は店頭で見かけ ..

  • 46 ビュー
  • コメント
19歳まで「子ども料金」 ウメオの路線バス

ウメオの路線バスは、年齢による料金区分が、 子ども(barn)、若者(ungdom)、大人(vuxen)、シニア(senior)の4種類あります。 若者や学生、シニア世代が割安なこと自体に関しては、スウェーデン国内ほぼ共通しているようですが、昨年ウメオに引っ越してから、以前に住んでいたヨーテ ..

  • 71 ビュー
  • コメント
使い慣れない新硬貨

2016年10月より、1kr,2kr,5krの新硬貨、および100krと500krの新紙幣が流通し、旧硬貨紙幣は2017年10月には無効となります。 しかし、2015年10月に先立って20kr,50kr,200kr,1000krの新紙幣が流通した時と比較すると、「お金が新しくなった!」という実 ..

  • 79 ビュー
  • コメント
バスの中でスマホ充電

これはウメオの最新型の路線バス。 バス車内で無料Wifiが利用出来る他、車内で携帯やスマホなどの充電が可能です。 ..

タグ:バス,ウメオ

  • 158 ビュー
  • コメント
いよいよ正式なクリスマス期間

クリスマスの四週間前の11月27日になると、アドベント(待降節)と呼ばれ、正式にクリスマス期間が始まるとされます。 10月位から店頭にはクリスマスグッズが並び、次第にクリスマス音楽が流れるようになるのは珍しくないことですが、アドベント期間に突入すると、クリスマスらしさも急増してきます。 ..

  • 82 ビュー
  • コメント
宿題に編み物 ウメオの学校

各学校で設定されている、slöjd(手工芸)のカリキュラム。 多くの小中学校では週一回、その時間があるようですが、内容は各学校によりまちまちです。 ヨーテボリに住んでいた時は、息子の通っていた学校では枠入りの飾りを刺繍したり、木製バターナイフを作ったりしていましたが、ウメオの学校で息子が持っ ..

  • 107 ビュー
  • コメント

Archives