アメリカ

アメリカ:サンフランシスコ

サンチェス恵梨香(サンチェスエリカ)

職業…フリーランス、主婦
居住都市…サンフランシスコ市、アメリカ

前の月へ

2019.11

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サンフランシスコ市内のオフォス街にたたずむアマゾン・ゴー

サンフランシスコ市内のオフォス街にたたずむアマゾン・ゴー

アマゾンといえばオンラインショッピングで有名な大企業ですが、 実は店舗型の日本でいうコンビニエンスストアのようなお店も経営してることはご存じでしょうか? その名も “アマゾン・ゴー” 。 完全にキャッシュレスのお店です。 レジもなく、支払いはアプリに登録しているクレジットカードからの自動引き落としです。

アメリカには現在13店舗が存在しており、 サンフランシスコ市内にはそのうちの3店舗があります。


この改札機にアプリを開いてかざします

この改札機にアプリを開いてかざします

私もさっそくアマゾン・ゴーに行ってきました。
まずは携帯からアマゾン・ゴーのアプリをダウンロードし、 プロフィールを登録します。 そして引き落とし用に使うクレジットカードの情報も登録します。


ホールフーズの商品も陳列されてます

ホールフーズの商品も陳列されてます

店内の入り口には駅の改札のようなゲートがあり、そこに起動したアプリをかざし通り抜けます。あとは店内の欲しい商品を持ってそのまま入口のゲートを抜けるだけ。
するとあとでメールが送られてきて購入した商品の詳細と値段を確認できます。 問題がなければそのままにしてあとはクレジットに請求されるのを待つだけ。
とても便利で簡単です。 セルフレジとも違い、バーコードスキャンすら必要とせず、そのまま商品を掴んでゲートを通り抜けるだけ。
レジに並ぶ必要も一切なく、 商品のスキャンすらないので忙しい人には大変便利です。
ではバーコードのスキャンはなしにどうやってお客さんの買った物を把握してるかといえば、店内の天井にしきつめられた何十台ものカメラがお客さんひとりひとりを追跡してるそうです。 アマゾンはこの技術の詳細は企業秘密として詳しくは公表していないそうです。


天井にしきつめられてる多くのカメラ

天井にしきつめられてる多くのカメラ

ちなみに店内には買い物袋も置いてあるのでそれに詰めてもよいですし、自分のカバンに詰めてお店をでても大丈夫です。カバンがなければそのまま手に持ち商品剥き出しで出ても大丈夫。

もし一度カバンや袋につめたものを棚に戻してもカメラがちゃんとそれを把握するので大丈夫とのこと。

近未来なストア、 アマゾン・ゴー、ぜひサンフランシスコに来た際には行ってみると楽しいかもしれません。


店内を出た後はこのようにレシートが送られてきます

店内を出た後はこのようにレシートが送られてきます


レポーター「サンチェス恵梨香」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 150 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website