ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2020.9

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

知人も薦めるクリニックの記事、渡りに船!

知人も薦めるクリニックの記事、渡りに船!

 ネパールのロックダウン二期目は9月15日までに再延長されました。カトマンズ盆地内は新型コロナの感染者数が増え続けていることから、一期目より厳しい外出、営業、移動禁止令で、街中疲弊しきっています。


問診票には、コロナ感染の症状があるかどうかを記入

問診票には、コロナ感染の症状があるかどうかを記入

 そんな時に硬い食べ物を噛んでしまい、以前日本で治療した人工歯が欠けてしまいました。ちょうど近所で評判の良いデンタルクリニックのネット記事を見つけたので問い合わせてみると、すぐにドクターのオンラインでリモートカウンセリングを受けられ、問診票と問題の欠けた歯の写真を送信。翌日の診療予約を手配してくれました。


靴カバーを付けて、手の消毒も三回くらいしました。

靴カバーを付けて、手の消毒も三回くらいしました。

 クリニックに入る前に、手の消毒、検温。待合室で靴カバーをつけて酸素飽和度チェック。もちろん治療が始まる時までマスクを着用しています。患者一人のために、ドクター、助手、受付の3名が完全防備で治療をしてくれました。


酸素飽和度と脈拍のチェック

酸素飽和度と脈拍のチェック

 無事に歯を取り戻して一安心。ネパールとは思えないほどとても的確でスピーディーでした。在住外国人からの信頼が厚いのも納得。

 例えば今回のように歯が折れたという場合、先進国で保険未加入だったら、うん十万という請求額になるところでしょうが、事前にメールに書かれていた通り8000ネパールルピー(日本円で8000円くらい)ポッキリ!思わぬタイミングで痛い臨時出費となってしまいましたが、十分良心的ですよね。

 ※ちなみに現在コロナのPCR検査は1回5500ルピーだったのが、今週から値下げされ最高4400ルピーと決定されました。


 医療関係者のみなさんが感染のリスクと背中合わせで医療体制を整えてくださっていることとてもありがたいです。

 芸能人ではなくても本当に歯は命。←表現が古すぎ?ずっと大切に健康に保っていきたいですね。


レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

  • 57 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives