ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2018.7

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ネパール ファッションレボリューションの日

ネパール ファッションレボリューションの日

 大量生産されるファストファッションの衣料品の多くは途上国の工場で作られています。大量に安く売られる服は誰がどのように作っているのか?その実態はほとんど知られていません。

 5年前、バングラディシュの有名ブランド衣料品縫製工場が集まった大きなビルが崩壊し、多くの犠牲者を出すという痛ましい事故がありました。大量の服を納期に納めるためにフル稼働していたということ。


一つ一つ丁寧に手作りされたバッグやアクセサリー

一つ一つ丁寧に手作りされたバッグやアクセサリー

 そんな過酷で劣悪な労働環境下で作られた服を購入し着用することに疑問を呈し、服が出来上がるまでの背景や関わる人々に目を向ける国際的なムーブメントの一つとなっている「ファッションレボリューション」カトマンズでもマーケットが開かれました。



アクセサリー製作実演中。細かい作業です

アクセサリー製作実演中。細かい作業です

 「誰が私の服を作ったの?」。会場では世界中で服が作られている現場や消費者を撮したドキュメンタリーが上映され、多くの人が興味を持って鑑賞しました。


私があなたの服を作りました。敬意の念が生まれます

私があなたの服を作りました。敬意の念が生まれます

 「私があなたの服(アクセサリー)を作りました」。国内でデザイン、生産した物を作り、自ら販売し、一部作業の工程も実演されました。一昔前にはなかった新しい手法や素材、すてきなデザインの服やアクセサリー、雑貨。伝統的な織物や生地、編み物をモダンな生活スタイルに合わせてオシャレに仕上げたものもたくさん! 自分のファッションの背景を見直す良い機会となりました。



レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives