台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2020.1

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

場所はあまりよくないですが、撮影できました

場所はあまりよくないですが、撮影できました

 こちらでは、台湾の花火を何度も紹介していますが、いずれも年末のカウントダウン時のものです。日本で「花火」といえば夏ですが、まだ夏の花火を紹介していなかったように思います。

 台北では、8月上旬の週末に花火が打ち上がるイベントがあるのですが、今までそちらに行く機会がありませんでした。そこで、今回はその花火の様子を紹介します。


壁の外でも多くの人が集まっていました

壁の外でも多くの人が集まっていました

 今年は2019年8月3、4日にアーチストを呼んでコンサートを開催すると同時に、3日夜に360秒の花火を行う、ということでした。

 私は、この日漫画博覧会の取材で世界貿易中心1号館に行ってから向かったため、到着が19:50頃になりました。


壁越しでも、きれいなものはきれい

壁越しでも、きれいなものはきれい

 最寄りのMRTの駅である大橋頭駅から歩いて会場の大稻埕碼頭にある延平河濱公園へ向かいましたが、すでに多くの方が歩いていて、詰まり気味。遠くを見ると、壁の向こうの公園へ行く階段で詰まっていて、近くの橋では花火を撮影しようと欄干前に多くの人が集まっていました。

 どうにか壁の向こうに行けないかと思い、歩いて入口を探して見つけましたが、こちらも人が集まっていて身動きが取れない感じ。仕方がないので、写真の位置で撮影していました。


これでもか!という感じで畳みかけます

これでもか!という感じで畳みかけます

 花火が始まり、歓声と同時にスマホを取り出し、撮影する姿が多く見られました。壁越しかつ花火のスマホの撮影は、難しいと思うのですが、それでも楽しんでいる姿が見られました。


最後まできれいでした

最後まできれいでした

 今回は、出足が遅れ、絶好のポジションで撮影することができませんでした。来年以降、撮影の機会があったら、しっかり準備して、場所を確保し、臨もうと思いました。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 10 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives