アメリカ

アメリカ:ボストン

花咲 ありす(はなさき ありす)

職業…フリーライター/教育関係
居住都市…ボストン(アメリカ合衆国)

前の月へ

2022.5

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

重厚な感じの回転ドア

重厚な感じの回転ドア

 日本では子どもが挟まれる事故があってから、回転ドアが撤去されて、今ではほとんど見なくなりましたが、ボストンに来てから、アメリカにはたくさんあることに気づきました。先日、ニューヨークに行った際は、ボストン以上にたくさん回転ドアを目にしました。


銀行の入り口も回転ドア

銀行の入り口も回転ドア


二重ドア(?)になっているデパートの奥の入り口も!

二重ドア(?)になっているデパートの奥の入り口も!

 回転ドアの隣には、車椅子の人のために、たいてい普通のドアが備え付けられています。


金融機関の建物も…

金融機関の建物も…


人の出入りの多いビルでは、2つ以上並んでいることも多い

人の出入りの多いビルでは、2つ以上並んでいることも多い

 一人ずつしか入れない、一見効率が悪そうに思える回転ドア、どうしてアメリカには多く存在するのでしょうか? それは暖房・冷房を、外に逃がしにくいつくりになっているからのようです。それを聞いて、なるほど! と思いました。エコだったのですね。
 でも地下鉄の出口など、冷暖房のない場所にも、鉄の棒状の回転ドアが多く存在するので、冷暖房を外に逃がさないだけではなく、一度に人がたくさん出入りするのを防ぐ意味もありそうです。


レポーター「花咲 ありす」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 3622 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website