ドイツ

ドイツ:バーデン・バーデン

上原 飛鳥(うえはら あすか)

職業…旅行会社
居住都市…バーデン・バーデン

前の月へ

2019.11

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

映画館に置いてあったパンフレット

映画館に置いてあったパンフレット

フランクフルトでは6月30日から、日本映画「ノルウェイの森」が公開中です。村上春樹の小説「ノルウェイの森」をベトナム人のトラン・アン・ユン監督が映画化したこの映画、ドイツ語タイトルでは「Naoko’s Laecheln (直子の微笑み)」と訳されています。



映画館の前のポスター

映画館の前のポスター

通勤中に駅のホームで電車を待っていたときに、壁に映し出されるニュースでこの映画を宣伝していました。それで上映を知り、早速観に行ってきました。

映画は残念ながらひっそりとした小さな映画館1館のみで上映されていて、平日の早い時間だったせいか、お客さんも10人もいない程度でした。日本人は私と友達だけで、あとはドイツ人のおばさん3人組と一人で来ている男性が4,5人。映画はドイツでは一般的な、吹き替えだったので、ドイツ語を喋る松山ケンイチと菊池凛子がスクリーンに映し出されていました。


ドイツ語に翻訳された村上春樹の本の数々

ドイツ語に翻訳された村上春樹の本の数々

村上春樹はヨーロッパの他の国々同様、ドイツでも人気のある日本人作家です。数々の小説がドイツ語に訳されて書店に並んでいます。大学の日本語学科でも教材に扱われているようです。


雑誌「シュピーゲル」のインタビュー

雑誌「シュピーゲル」のインタビュー

政治経済および文化をまとめた有名雑誌「シュピーゲル」にも、村上春樹へのインタビュー記事が載っていました。趣味のジョギング(及びマラソン)と執筆活動をテーマに取材されています。

気になる映画の感想は、賛否両論の様です。ドイツのハルキストは「彼の文学作品を映画化(映像化)することは不可能。」と、あくまで小説の描写とそこからのイマジネーションはこの映画とマッチしていないと、いまひとつ納得がいっていないようです。一方、映画の中に登場する自然あるいは音楽は美しく、素晴らしいという意見も多くみられます。個人的には、学生闘争や日本の当時の歴史的な背景や、繊細な日本人の心の動き、感じ方を全く知らないドイツ人には、なかなか共感できない部分が多いのでは?と思いました。ぜひ、小説をもう一度読んで、また日本語で映画を観てみたいです。


レポーター「上原 飛鳥」の最近の記事

「ドイツ」の他の記事

  • 1597 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website