マレーシア

マレーシア:クアラルンプール

久貝 京子(クガイ キョウコ)

職業…団体職員
居住都市…マレーシア クアラルンプール

前の月へ

2020.1

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

マレー式産後ケア

2012.06.07 up

子だくさんでもバリバリ外で働くお母さんが多いマレーシア。もしかしたらその秘訣の一つは、出産後の産婦ケアが充実していることにあるかもしれません。ということで、今回はマレー系の人々が伝統的に行っているマレー式(中華系は別のケア方法に従う)産後ケアについてお知らせします。

まず出産後44日間は、産婦の母、姉妹、あるいは義理の母など、必ず誰かが面倒を見に来てくれます。その間、基本的に家事は一切なし。赤ちゃんのお世話も最小限にとどめ、自身の回復に専念します。食べ物にも制限があります。冷たいものは一切摂取禁止です。


トゥンク中

トゥンク中

そして、トゥンクというお灸のようなケアがあります。


焼いた石を葉と布で包む

焼いた石を葉と布で包む

これは、長めの石を焼いて、木の葉を乗せた布でくるみ、子宮の淵(であろうエリア)に沿って動かしていくもの。子宮の収縮を助けると言われています。


薬草を茹でています

薬草を茹でています

また、薬草をゆでたお湯をシャワーの後に浴びます。

このほか、専門のマッサージ師のおばさんが自宅まで来て、マッサージしてくれるのが一般的です。

マレー式の産後ケアは、母体の回復と合わせて、体型を早く元に戻すことをに重点を置いて、代々受け継がれてきています。



レポーター「久貝 京子」の最近の記事

「マレーシア」の他の記事

タグ:出産

  • 1189 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website