アメリカ

アメリカ:シアトル

ハフマン・ワカバ

職業…兼業主婦(メーカー勤務)

居住都市…シアトル(アメリカワシントン州)

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

パンプキン・スパイスを使用したパン

パンプキン・スパイスを使用したパン

 ハロウィーンが近づくと町中に漂うのがパンプキン・スパイスの香り。パンプキンパイ・スパイス(あるいはパンプキン・スパイスとも呼ばれる)は、パンプキンパイに入れるスパイスの総称で、シナモンやナツメグ、クローブ、ショウガなどが原材料。この時期、限定メニューとしていろんな食品がパンプキン・スパイス仕様に変わります。おなじみなのはシアトル発祥のコーヒーチェーンのラテですが、その他ヨーグルト、シリアル、コーヒー、アイスクリームなどなど。例を挙げるだけで記事が書けてしまうほどです。


食べ物をフィーチャーするウェブサイトEaterでも、パンプキン・スパイスを使った食品65という記事がアップされていました 出典:https://www.eater.com/2017/9/26/16330438/pumpkin-spice-food-pop-tarts-kit-kats-milanos-jello

食べ物をフィーチャーするウェブサイトEaterでも、パンプキン・スパイスを使った食品65という記事がアップされていました 出典:https://www.eater.com/2017/9/26/16330438/pumpkin-spice-food-pop-tarts-kit-kats-milanos-jello

 今朝私が食べたパンもその一例です。モチっとした食感は同じメーカーの他商品と変わりませんが、シナモンをふんだんに使ったシナモン・ブレッドとはまた違うパンプキン・スパイス独特の風味が口の中で広がります。


 パンのほか、パンプキン・スパイスを加えたパンプキンの種も食べました。「カボチャの種を食べるの?」とまず日本の方は驚かれるかと思いますが(私もしばらく抵抗がありました)、意外にもおいしいです。食べ過ぎると香りが鼻につくかもしれませんが、この香りこそが、いまやアメリカ人に秋の到来を感じさせると言っても過言でないほど。


 ハロウィーンから感謝祭まで目、鼻、口でパンプキンを堪能したいと思います。



レポーター「ハフマン・ワカバ」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website