オランダ

オランダ:ハーレム

倉田 直子(くらた なおこ)

職業…ライター
居住都市…ハーレム(オランダ)

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

世界には、さまざまなコーヒーの飲み方がありますよね。特に、コーヒーとミルクは、切っても切れない関係なのではないでしょうか。筆者が住むオランダには、「Koffie Verkeerd」と名付けられたコーヒーの飲み方があるので紹介したいと思います。


 これが、オランダのカフェで撮影した「Koffie Verkeerd」の画像。一見するとカフェラテのようですが、このお店にはこれとは別に「カフェラテ」がメニューに載っています。ちなみにこの名前は、オランダ語で「間違ったコーヒー」という意味。一体何が間違っているのでしょうか。

 「間違った」の基準は、どうやらカフェラテとの違いにあるようです。ただし、その違いが何なのか調べたところ、当のオランダ人たちもしっかりと分かっていないようで、インターネット上にはさまざまな説があふれていました。筆者がいくつか読んで比較したところ、平均すると以下のようなコーヒーが「間違ったコーヒー」の条件のようです。

・普通のドリップコーヒーを使う。
・使用するミルクは泡立てない。
・ミルクは75度程度に温め、沸騰させない。
・コーヒーカップに、先にミルクを半分から3分の2程度入れておく。
・コーヒーは別の容器やポットで出し、飲む人が後からコーヒーをカップに注ぐ。

といったところでしょうか。

 カフェラテに使われるコーヒーは「エスプレッソ」で、ミルクはフォーム状態に泡立っていますよね。それが「間違っている」と言われたゆえんのようです。

 この「間違ったコーヒー」の歴史は古く、17世紀の医師たちがカフェインから胃を保護するためにたっぷりのミルクで中和したのが始まりと言われているのだとか。間違いの歴史も長いですね! ただしその数世紀の時間の中で「間違い」の定義も曖昧になり、今では「たっぷりミルクの入ったドリップコーヒー」くらいの認識になってしまったようです。

 実際に上の画像の「間違ったコーヒー」も、ミルクは泡状になっていましたし、あらかじめお店の方でコーヒーが注がれていました。今では「正しい間違い」をしているお店の方が少ないという人もいるのだとか。

 筆者も引き続き、「間違ったコーヒー」ウオッチを続けていきたいと思います。


参照ページ:
Alles over koffie verkeerd
https://www.dekoffiethuiswinkel.nl/blog/alles-over-koffie-verkeerd/

Hoe maak je latte macchiato, cappuccino en koffie verkeerd?
http://eten-en-drinken.infonu.nl/dranken-overig/77849-hoe-maak-je-latte-macchiato-cappuccino-en-koffie-verkeerd.html

Wat is het verschil tussen Koffie-Verkeerd en Latte Macchiato?
https://www.startpagina.nl/v/eten-drinken/dranken/vraag/18517/verschil-tussen-koffie-verkeerd-latte





レポーター「倉田 直子」の最近の記事

「オランダ」の他の記事

  • 72 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website