台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2017.10

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

国家斉唱時の様子

国家斉唱時の様子

 昨年、台北市立中山女子高級中學の新入生オリエンテーションの様子を紹介しました(下記URL参照)。
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2016917221423
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2016917232231

 もともと台北市立第一女子高級中學の様子を紹介する予定でしたが、学校内の改装工事の影響で許可が下りませんでした。訪問先を急きょ変えてまとめましたが、今年は許可が下り、実現しました。今年は、2日間密着することができたので、その様子を紹介します。


国旗と孫文の肖像に3回礼を行います

国旗と孫文の肖像に3回礼を行います

 新入生は、8月24日の7:45に登校し、オリエンテーション前にホームページで公布されたクラスに入ります。8:05~8:55に各クラスで担任の先生、補助役の2年生の先輩と対面し、教科書を受け取ります。

 9:10からは、場所を講堂兼体育館に移し、学校生活全体の説明に入ります。最初に生活指導を行う教官室の紹介、その後、宣誓式が行われました。

 この宣誓式が儀式の形を取っており、日本で言うところの入学式のような厳粛な雰囲気が漂っていました。


新入生にあいさつする楊世瑞(ヤン・シールイ)校長

新入生にあいさつする楊世瑞(ヤン・シールイ)校長

 国歌斉唱後、楊世瑞校長が新入生に運営部門の先生、1年生各クラスの担任の先生の紹介とあいさつを行いました。
  
 あいさつでは、新入生たちに祝福の言葉だけでなく、3年間の学園生活における心構えを説きました。その内容は、「みなさんは、中学時代に学業やその方面で大変優秀な成績を修め、この学校に進学されました。そして、みなさんの周りも、同じように中学で優秀な成績を修め、進学してきた生徒たちです。その中で、中学時代と同様の成績を修めるのは決して容易ではありません。いいですか。学園生活が始まったら、まずこの学校で自分の立ち位置をしっかり見極め、自分にふさわしい居場所を見つけ、適応するよう心掛けなさい」と、「校長のあいさつ」というより「北一女の先輩(注:楊校長は北一女の卒業生です)のあいさつ」という感じで、少し厳しさが残るものでした。


新入生の宣誓

新入生の宣誓

 その後、新入生が全員起立し、代表者1人が前に出て、楊校長をはじめ、前にいる先生たちの前で右手を上げ、宣誓を行い、開会式が終了しました。

 


校歌の練習

校歌の練習

 宣誓式終了後、音楽の先生と先輩による校歌の練習が行われました。練習は、1小節ごとに各クラスに歌わせるなど、歌っていないクラスの新入生が安易に寝ないよう工夫されていました。

 校歌の練習終了後、教務處の各部門による主に今後の履修科目と相関する規定を中心に説明が行われました。各部門の先生は、説明を5分程度にとどめ、こちらも聞いている新入生が寝ないよう配慮していました。

 ここまで、ほぼ予定通り進み、11:10前後。
 
 昼食前に、学校の看板クラブ活動の儀仗隊(ぎじょうたい)のファンシードリル、マーチングバンドの演奏が披露されましたが、その様子は次回に。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 64 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives