メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2018.9

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
地方自治は私、大統領は彼に一票ね、と

地方自治は私、大統領は彼に一票ね、と

 日本では、選挙が近づくと街宣カーや選挙ポスターが目立ち、少々うっとうしさを感じます。さて、メキシコではどうか。

 ありがたいのが、街宣カーがないこと。と思っていたら、ついにその手に出たか、「街宣セスナ」。かなり上空から「うちの党に一票よろしく!」とやっているのでうるささは感じないし、セスナもお金がかかるので1日一度来るか来ないか程度なのでさほどうっとうしさは感じませんが、新手と言えば新手です。

 町内でも投票日まで1カ月を切ろうかという時期に、市議会議員候補がテントを張って政策の説明会に来ました。メキシコでは当たり前のことなので誰もおおっぴらには言いませんが、そこに集まる人々に候補者の名前入り便利グッズを名前入りのバッグに入れて配るのが定番。Tシャツ、帽子、エプロン、エコバッグ、うちわ、「きれいなもの」としてはそういったラインナップ。


ラッピングバスで選挙活動

ラッピングバスで選挙活動

 路線バス丸々一台を候補者のお写真と名前でラッピングした期間限定の街宣路線バス。

 交差点に建てられた巨大な看板も、期間限定で政党と候補者に買い取られて街宣。ここまで派手にやられると気持ちが良くなります。

 ある日、選挙権のない私の家にもやって来ました選挙キャンペーンの集団。「いや、私は選挙権ないから」と言っても聞かず、何やかんやキャンペーングッズを置いていこうとします。政党のマークの旗や、車に貼る候補者名のステッカー。一般的なメキシコの皆さんは「外国人でメキシコ国籍取得していなければ選挙権はない」という至極常識なことをご存じないようで、「選挙権ない」というとすごく驚かれます。無いんです。

 数日後、他の政党のキャンペーンチラシが庭に放り込まれていました。明らかに「ぶん投げていった」感じ。これにはちょっといい気分はせず、もし私に選挙権があっても絶対ここには入れない、と心に決めました。


だからと言って人の家に投げ入れないでほしい

だからと言って人の家に投げ入れないでほしい

 1週間ほど前に、メキシコにある日本領事館から在留日本人向けに安全のための注意喚起一斉メールが届きました。

 その中の一項目に、「7月1日の投票日前後までは、選挙に絡めて各所でピリピリとするので十分に気を付けるように」と注意書きがされていました。

 メキシコの血気盛んなお国柄に加えて、あれこれが大きく動く選挙シーズン。選挙に無関係な外国人とはいえ巻き添えを食わないとも言えません。あまり人混みに出ていくようなことはせず、おとなしくしていましょうね、ということです。

 ちなみにメキシコ、投票日はアルコール類の販売は禁止されます。ご注意ください。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 48 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives