スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…ファイナンス関連

居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2018.8

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サービスエリアをパトロール中(?)のコウノトリ

サービスエリアをパトロール中(?)のコウノトリ

 短い夏休みを取ってフランスの国境近くにある、ドイツのツヴァイブリュッケン(Zweibrücken)という町に数日滞在し、その後再びスイスへの帰途に就いていたときのこと。

 車で旅をしていたので、ドイツからフランスの国道、そして高速道路へと入りました。しばらくして、昼食休憩を取ろうということで、フランスはアルザス地方にあるサービスエリアに立ち寄ることに。サービスエリアの大きな駐車場は、芝生が広がる公園にもなっています。


ランチ中の一家の背後にそっと立ち、“お裾分け”を期待しているコウノトリ

ランチ中の一家の背後にそっと立ち、“お裾分け”を期待しているコウノトリ

 駐車スペースを探している時に、前方に首と足の長い、大きな鳥がたたずんでいるのを目にしました。

 シラサギ?のようでシラサギではないし、もちろんタンチョウヅルでもないし―。どうやら、日本ではあまり目にすることがない、コウノトリのよう。周りを見ると、10羽ぐらいが闊歩(かっぽ)していたり、芝生上でピクニックをしている家族へ近づいて、おこぼれをねだったりしているのです。


コウノトリの縫いぐるみや、コウノトリをモチーフにしたグッズがたくさん

コウノトリの縫いぐるみや、コウノトリをモチーフにしたグッズがたくさん

 かと思えば、突然頭上で風が起き、何事かと天を仰いだらコウノトリがその大きな羽を広げて、飛んでいくところが見えました。この時はさすがにちょっぴり怖かったです(苦笑)。

 コウノトリたちの歓迎(?)を受けたのは、オート・ケニッグスブール(Haut-Kœnigsbourg)という所にあるサービスエリア。店内には、コウノトリグッズがたくさん販売されていましたが、あれだけ多くのコウノトリたちがいたら、納得です(笑)。


ライン川が目の前。向こう岸はすでにドイツ

ライン川が目の前。向こう岸はすでにドイツ

 ランチの後、コウノトリたちに別れを告げ、再びスイスへ向かってフランスの高速道路を走ります。その後ドイツへ入国し、そこからスイス入りをしようとしていたのですが、ドイツへ行くには、ドイツとフランスを横たわるライン川を越えなければなりません。

 ドイツへ渡る橋がないなあ、どこでライン川を渡ることができるのかな、と考えながら車で走り続けていると、フェリー乗り場へたどり着きました。


これからフェリーに車ごと乗り込みます

これからフェリーに車ごと乗り込みます

 運転していた夫と「フェリーに乗らないと、ドイツへ渡れないみたいだね。料金は高いのかな」という話をしつつ、フェリーポートにいたスタッフに促され、ちょうど到着した小さなフェリーに車ごと乗り込みました。

 果たしてそのフェリーは無料でした! フェリーでドイツとフランスを自由に車や徒歩、自転車で渡してくれるようです。ライン川を横断する時間も15分ほどなので、お手軽ですね!

 フランスやドイツのアルザス地方を、車で旅行される方は、ぜひコウノトリに会えるサービスエリアや、フェリーでドイツとフランスの国境越えをしてみてはいかがでしょう。楽しい旅経験の一つになるかもしれません。

 ・ドイツとフランス間のライン川フェリー 
<ホームページ>https://www.tourisme-alsace.com/fr/277000318-Pont-et-bacs-de-franchissement-du-Rhin.html 


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives