スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…公務員
居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2020.7

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストラスブールのシンボル、大聖堂がクリスマスマーケットの中心で、その存在感を見せていました

ストラスブールのシンボル、大聖堂がクリスマスマーケットの中心で、その存在感を見せていました

 クリスマスマーケットが、ヨーロッパ各地で始まりました。本場はドイツなどですが、今年は初めてフランスのアルザス地方にある、ストラスブールのクリスマスマーケットを訪れました。


クリスマスの屋台だけではなく、街中がキラキラしています

クリスマスの屋台だけではなく、街中がキラキラしています

 4世紀も前の1570年から続く、フランスでは一番古いクリスマスマーケットが、このストラスブールのマーケット。他の国々のクリスマス市とは、また趣の違う雰囲気があり、世界各地から多くの人々を魅了しています。
 ストラスブールのクリスマスマーケット会場は、あちこちに点在しており、筆者が滞在していたホテルは、そのうちの一つのマーケットにとても近い場所にありました。


あつあつのバゲットに、ヤギのチーズやトマトなどがトッピングされたスナックもおススメ

あつあつのバゲットに、ヤギのチーズやトマトなどがトッピングされたスナックもおススメ

 結構な人出でしたが、それにしても屋台の数も多かったです。なんでも300以上の屋台が出ているのだそう。
 さらに、町の建物全体もクリスマスデコレーションされているのも見どころ。いわゆる、<インスタ映え>しそうなスポットがたくさんありました。


夜が更け、空が暗くなるにつれ、ストラスブールの街はさらに輝きます

夜が更け、空が暗くなるにつれ、ストラスブールの街はさらに輝きます

 ストラスブールは、ドイツの国境からも近く、またドイツとフランス間の複雑な歴史背景から、ドイツ語表記も多く、ドイツ語を話す人も少なくないようです。


クレバー広場にあるツリーは、遠くから見ても迫力があります

クレバー広場にあるツリーは、遠くから見ても迫力があります

 アルザス地方の郷土料理を提供する屋台も多くあり、幻想的な雰囲気の中、美味しい物をたくさん堪能できました♪
数あるヨーロッパのクリスマスマーケットの中で、お気に入りのマーケットの一つとなりました。


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives