ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

学校の卒業式で似顔絵の記念品を受け取るブラジル人女性

学校の卒業式で似顔絵の記念品を受け取るブラジル人女性

 卒業式や会社での送別会やイベント等、何か皆で共有する思い出の場の記念品として、最近ニーズが高まっているのが、アーティストによる各個人の似顔絵がデザインされた商品です。

 額縁に入るような紙に描いたイラストから、マグカップ、Tシャツ、クッションなど、実用的な物へのデザインまで、特にカリカチュアを得意とするアーティストは注文を受けて製作したり、イベント会場に出向いてその場で似顔絵を描いていくのが一つの仕事スタイルにもなっています。


贈る相手の似顔絵の描かれたマグカップのプレゼント

贈る相手の似顔絵の描かれたマグカップのプレゼント

 カリカチュアのアーティストであり、この様な商品やイベントでの出張似顔絵サービスのブラジルでのパイオニアの一人がケル・マローネさんです。ケルさんのアトリエには定期的に注文が入ります。

 人気なのがマグカップやクッションで、注文者からプレゼントを贈る相手の2、3枚の写真を受け取り、専用のタブレット上で似顔絵を描き、特別の転写紙にプリント。それを専用の機械で焼きつけて完成させます。値段は一個70から90レアルほど(約2000円から2500円)。

 イベント会場では開催時間中に好きな時に順番に似顔絵を描いてもらえます。紙やTシャツなど、企画に合わせて製作して行きますが、一人当たり5分ほどで完成させてしまうのはさすがプロの技です。


プレゼントするお客さんそれぞれの似顔絵がデザインされたマグカップ

プレゼントするお客さんそれぞれの似顔絵がデザインされたマグカップ

 ブラジルは思いのほか既成品で満足のいくプレゼントが見つけにくいということがあります。そんな中、自分だけのオリジナル感たっぷりの似顔絵の入った記念品は、とても満足度が高く喜ばれ、人気商品となっています。


タブレット上で似顔絵を描き、特別の転写紙にプリント

タブレット上で似顔絵を描き、特別の転写紙にプリント


自らの似顔絵入りのクッションを持つブラジル人女性

自らの似顔絵入りのクッションを持つブラジル人女性


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

  • 103 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives