ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2019.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

数名のシェフがそれぞれの自慢料理をわかりやすく説明してくれました。

数名のシェフがそれぞれの自慢料理をわかりやすく説明してくれました。

来たる2020年はネパール観光年です。世界遺産やヒマラヤ観光だけでなく、農村や紅茶の産地を訪ねるアグロツーリズム、ヨガやアーユルヴェーダ体験のメディカルツーリズム、空や川でのスポーツ、自転車やマラソンレースに参加するスポーツツーリズムが楽しめます。そして、もうひとつ忘れてはならないのが食!



東ネパール ライ・リンブー族の豚肉料理。煮込み時間は3時間!

東ネパール ライ・リンブー族の豚肉料理。煮込み時間は3時間!

ネパール料理といえば、ご飯とダル(豆スープ)おかずのワンプレートの「ダルバート」と蒸し餃子「モモ」なってしまいがちなところですが、フードツーリズムプロモーションの一環「meet chefs」にて様々な料理のデモンストレーションが行われ、民族色、地方色豊かさを発見できました。


そば粉皮のチョコモモ、ポテト団子スープの調理中

そば粉皮のチョコモモ、ポテト団子スープの調理中

国産オーガニックの食材やスパイス、伝統製法石臼圧搾の菜種油、漬物など伝統加工食材を用い、一般の食堂やレストランではなかなかお目にかかれない特別なお料理が並びました。


水牛肉 粘りが出るまで捏ね香ばしい菜種油とスパイスを和えます。

水牛肉 粘りが出るまで捏ね香ばしい菜種油とスパイスを和えます。

特にシェルパ族のハイランドポテトとフレッシュカッテージチーズの団子入りスープは、素朴ながら山椒の実の漬け物がアクセントになり、とても美味し
かったです。またカトマンズ土着のネワール族料理、水牛の生挽き肉「カチラ」も食通にはたまらない一品だと思います。


オシャレに盛り付けられたデザートモモで〆。

オシャレに盛り付けられたデザートモモで〆。

外国人向けの各国語ガイド付きの市場での買い物や料理教室、オーガニックファーマーズマーケットでの朝食やお買い物、ホームステイでのバターやヨーグルト、ミルクティー作りも料理体験ツアーにも参加できます。ぜひ旅行のプランに組み込んでみてはいかがでしょうか。


レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

  • 77 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives