台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

大港橋から見える景色

大港橋から見える景色

 橋の上では、係員が立ち止まらないよう注意を促していますが、この景色を前に多くの人が立ち止まって記念撮影していました。

 この時、カメラ片手に一人で撮影していたのは私だけ。少し浮いている感じでした。


海洋流行音樂中心を外壁を使ったプロジェクショマッピング。右側は解体中の特設ステージ

海洋流行音樂中心を外壁を使ったプロジェクショマッピング。右側は解体中の特設ステージ

 海上ステージを向かいに見られる海洋流行音樂中心前は、特設ステージと外壁を使ったプロジェクションマッピングシで彩られていましたが、特設ステージは解体中。

 人の密集は避けられていましたが、海上ステージの音だけが響き渡り、寂しさだけが漂う風景になっていました。


午後9時30分から始まったライトアップのショー

午後9時30分から始まったライトアップのショー

 会場を歩き回り、ホテルへ戻ろうとした矢先、大音響の音楽が鳴り響き、港湾とその周辺の建物をライトアップするショーが始まりました。私も「何だ、何だ」と思いながら、足を止め、持っていたカメラで撮影を始めました。

 周りを見渡すと、このショー目当てで場所を確保している人たちも多くいて、何も知らない自分が「北からやってきたおのぼりさん」になったような気分でした。


海上ステージ周辺は噴水で演出

海上ステージ周辺は噴水で演出

 この時の海上ステージは噴水とレーザーで彩られ、クレーンで吊るされているミラーボールがこれまで以上に輝いていました。

 この様子を海上ステージで見たかったと思いましたが、できたのかどうかも分からず、ただただシャッターを切るだけでした。


市政100周年の高雄市の1年に注目

市政100周年の高雄市の1年に注目

 ライトアップのショーは20分程度で終了。

 この市政100周年記念のイベント、本来なら多くの観光客を集め、もっと華やかにしたかったのではないかと思います。海上ステージ、周辺の建物を使ったライトアップの様子などを見ていると、用意した設備が最大限使われている感じには見えず、消化不良に終わってしまっているように感じました。


*イベントのホームページ
https://kaohsiung100.com/index.html


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 141 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives