メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2021.9

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 メキシコ第二の都市ハリスコ州グアダラハラ。

 このグアダラハラという地名は「石の多い川の街」というアラビア語から来ているそうで、その名の通り、火山岩や黒曜石を含む岩石を含んだ岩がちな土地にたくさんの川が流れ込んできています。

 毎年6月からの雨季には大量の雨がここに集まり、市の北側にある高低差600メートの渓谷に数本の滝となって流れ落ちていきます。


 2010年代後半、地下鉄3号線やその他公共交通機関の工事と同時進行で行われていた道路整備の間に、メキシコ国立人類学研究所が先頭になり、時代の変貌とともに忘れ去られていたグアダラハラの「橋」を発掘しました。

 この「婦人たちの橋 El Puente de las Damas」は、市内の北側に多くいた修道女たちが「南側に行くのを容易にするため」、資金を調達し1790年から1800年に渡り建設されました。

 周辺地域で切り出された大きな石とレンガで作られた水路と橋。
橋は幅12メートル、長さ50メートル、5つのアーチを持つ美しいもので、その後の都市開発のために100年もの間地中に埋もれていました。


丁寧に発掘されたレンガの橋

丁寧に発掘されたレンガの橋

 発掘されたグアダラハラの歴史は現在、その一部が新しく建設されたビルの地下駐車場にあり、硬質ガラスで保護された水路とともに一般公開されています。

 新しいビルにはメキシコシティを中心に人気のパン屋さんがハリスコ州に初進出し今年2月から営業をしています。


石積みの水路も硬質ガラスで保護されています

石積みの水路も硬質ガラスで保護されています


その上には首都で人気のパン屋さんが進出

その上には首都で人気のパン屋さんが進出


レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 169 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives