台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2021.10

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

維力社・雞汁麵(5袋入り)

維力社・雞汁麵(5袋入り)

 5月中旬から新型コロナウイルスの感染拡大が進み、7月くらいから収まってきましたが、私自身。今でも不要不急の外出は極力控え、遠出も控えています。

 以前、カップ麺を紹介しましたが、今回は日本のチキンラーメンを思い出す袋麺を偶然見つけたので紹介します。

 今回は、維力社の雞汁麵です。

 上の写真を見ても、雰囲気が漂っているのが伝わると思います。

 袋を開けると…


これが5つ入っています

これが5つ入っています

 上の写真の麺が5個入っています。価格は、近所のスーパーで38元(約151円)でした。

 以前、下記URLで紹介した袋麺がいずれも70元(約279円)以上するのを考えると、割安の感があります。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2021815233345

 袋を開けると…


粉末スープ

粉末スープ

 粉末スープが入っていました。

 気になる麺には、うっすらと味がつけてありましたが、そのままお湯を入れて食べても、日本人には薄く感じるのではないかと思いました。

 粉末スープを入れると…


完成品

完成品

 上の写真のような感じになります。

 粉末スープは全部入れましたが、そうすると舌がヒリヒリするくらい味が濃くなってしまうので、粉末スープは自分の味覚に合うよう入れるといいです。

 粉末スープを全部入れる際は、鍋に入れて煮込み風に調理し、水分が多く含まれる野菜を多く入れると、味だけでなく栄養もちょうどよくなるように感じました。


ピリ辛雞汁麺

ピリ辛雞汁麺

 雞汁麵には、兄弟製品の「ピリ辛雞汁麺」があります。

 こちらも5袋入りで、同様のパッケージデザインですが、近所のスーパーでの販売価格は40元(約159円)と少し高くなります。

 気になる味ですが、鷄汁麵にニンニク入りラー油の袋が入り、それによってピリ辛の風味を出しています。粉末スープを入れ、お湯をかけて食べる場合、ニンニク入りラー油を入れた方が味のバランスがとれ、ちょうどよくなりますが、この辺りは好みが分かれるところだと思います。

 次回は、他社製のを紹介します。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives