カンボジア

カンボジア:プノンペン

松倉 洋海(まつくら ひろみ)

職業…カンボジアのNGO「CIESF(一般財団法人 カンボジア国際教育支援基金)」の事務局員
居住都市…プノンペン(カンボジア)

前の月へ

2020.9

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カンボジア人からのメッセージ

カンボジア人からのメッセージ

カンボジアで活動する日本のNGOのスタッフが有志で集まり、東北地方太平洋沖地震の募金活動を3月27日に行いました。
イベントの場所はプノンペン市の中心部から東側にあるメコン川沿いで行われました。
募金総額は2時間半程度の活動で6700USD(60万円)以上、Tシャツの売り上げを入れれば7000USD(63万円)以上も集まりました。


「Pray for Japan」の横断幕

「Pray for Japan」の横断幕

このイベントは「Pray for Japan」と名付けられました。
多くのカンボジア人や在住外国人から寄付をいただきました。


地震の状況を説明したパネル

地震の状況を説明したパネル

地震の状況をクメール語にまとめたパネルの展示や、小学生の鼓笛隊が演奏をしてくれたお陰で、たくさんの人々が足を止めてくれました。
誰もが自分のことのように東北地方の皆さんを心配していることに、心を打たれました。


日本とカンボジアのボランティアスタッフたち

日本とカンボジアのボランティアスタッフたち

この募金活動に参加した在住日本人は70人以上、カンボジア人も4、50人は集まってくれました。
募金に訪れたカンボジア人からは「悲しみを分かち合いましょう」「今度はカンボジアが日本を助ける番です」と暖かい言葉をもらいました。


募金活動の様子

募金活動の様子

月給100USD程度と言われるバイクタクシーの運転手さんから10USD(900円)をいただいたり、小学生がポケットに入っていたお金を全て入れてくれたりしました。
日本のためにこうして募金してくれたことに対して、私は「ありがとう」以上の言葉が出ませんでした。
カンボジアは日本より貧しくても私たち日本人を心配に想う気持ちや心の豊かさは、私たちが見習うべき姿勢です。


レポーター「松倉 洋海」の最近の記事

「カンボジア」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website