台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

開場前の様子、入口前に長蛇の列が

開場前の様子、入口前に長蛇の列が

 これまでは、勉強と自己研鑽で頑張る高校生たちの活動を紹介してきましたが、今回は趣向を変え、毎年冬休み恒例の台北ゲームショーです。会場では、大学生だけでなく、高校生と見られる若者の姿を多数見かけました。

 1月23~27日に開催された台北ゲームショーの様子を紹介します。


こちらは国軍の人材募集ブース

こちらは国軍の人材募集ブース

 会場にあった国軍の人材募集ブースですが、私が思わずコスプレのブースかと間違えてしまったものです。

 会場に集まる若い人にアピールするのが狙いのようですが、現行の兵役義務が一部の対象年代から1年が4カ月に短縮され、喜んでいる兵役義務待機者が多くいるだけでなく、少子化に加え、環境に恵まれ過ぎ、心が軟弱化しつつある若者の心を掴むのは容易ではなかったようです。


コスプレコンテスト

コスプレコンテスト

 こちらは特設ステージで行なわれていたコスプレコンテスト。

 写真を撮ろうと多くの人たちが周囲を囲みました。


神魔之塔(シェンモージーター、英語名はTower of Saviors)

神魔之塔(シェンモージーター、英語名はTower of Saviors)

 今回のゲームショーの主役の一つ、神魔之塔。多くのユーザーが会場に集い、イベントを行ったステージなどは多くの人で賑わっていました。
 
 ちなみに、この神魔之塔は香港のゲームメーカーが製作したゲームで、中身は日本で現在ブレイク中のパズル&ドラゴンズとほとんど同じ物です。台湾では現在、大ブレイク中で、高校生をはじめ移動中にこれをプレーしている人をたくさん見かけます。

 参考:神魔之塔のHP
http://www.towerofsaviors.com/


ゲームショーに絶対欠かせない、イベントコンパニオン

ゲームショーに絶対欠かせない、イベントコンパニオン

 ゲームショーには絶対に欠かせない存在が、このイベントコンパニオン。ゲームショーの華を撮影しようと、多くのアマチュアカメラマンが集結。シャッターをバシャバシャ切っていました。


 ゲームショーのもう一つの主役、ソニーに関しては、次回以降紹介します。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 263 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

かなやより:

2014 年 03 月 09 日 14:19:44

以前、息子にせがまれて千葉で見た同種の催しも、大変な熱気でした。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives