スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずぎ)

職業…ファイナンス関連

居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

クリスマス・ピラミッドのあるクリスマス市は歴史博物館の前にあります

クリスマス・ピラミッドのあるクリスマス市は歴史博物館の前にあります

 11月の下旬になり、冬の楽しみのメインイベントの一つと言ってもいい、クリスマスマーケットが各地で始まりました!

 これまで東部ドイツ語圏チューリヒや、フランス語圏にあるモントルーのクリスマスマーケット、昨年はスイス中部の街ルツェルンのクリスマスマーケット(2016年12月30日掲載)を紹介しましたが、今年はスイス北部・ドイツ語圏のバーゼル(Basel)という街にある、クリスマス市を初めて訪れました。


クリスマスマーケットに欠かせないスパイス入りホットワイン。ブーツの形のカップに入れてもらえます

クリスマスマーケットに欠かせないスパイス入りホットワイン。ブーツの形のカップに入れてもらえます

 バーゼルはフランスとドイツとの国境に位置するため、簡単にこれら3つの国々を行ったり来たりできる面白い街です。容易に歩いて越境できてしまうぐらい互いの国と近いため、越境通学や越境通勤する人も多いそう。

 こうして、ずっと行ってみたいと思っていた、スイスで最も大きいクリスマス市の一つ、バーゼル。ちなみにバーゼルのクリスマス市、今年で40周年なのだそうですよ!


屋台は一つ一つ違っていて凝っています

屋台は一つ一つ違っていて凝っています

 私がバーゼルを訪れた時、残念ながら天候に恵まれず、雨が降っていました。その上なぜか「こどもマラソン」が、その日の夕方5時から行われていてバタバタしていました(笑)。クリスマスマーケットのイルミネーションの中を子どもたちが走るなんて、かなりユニークなイベントですが、寒くないのかな、子どもたち…。

 


ミュンスター大聖堂のクリスマスマーケット

ミュンスター大聖堂のクリスマスマーケット

 バーゼルのクリスマスマーケットは、1カ所に固まっておらず数カ所に点在しているので、あそこ、ここ、とバーゼルのかわいい街を歩きながら次のクリスマスマーケットを目指すのも楽しいです。

 屋台がそれぞれ趣向を凝らしてクリスマスのデコレーションやオブジェで飾り付けてあり、一つ一つ見て回るのが面白かったです。


ちょうどマラソンが始まる前で、周りをフェンスに囲まれました(笑)

ちょうどマラソンが始まる前で、周りをフェンスに囲まれました(笑)

 巨大なクリスマス・ピラミッドも回っていました! クリスマス・ピラミッドは、ドイツのクリスマス工芸品で有名なのですが、実際屋台でこういった木の工芸品飾りを販売しているところもありました。

 だんだん暗くなり、さらに人出も増え、それに比例して(?)雨も激しく降ってきたので、慌ててクリスマスマーケットから退散!

 結局、バーゼルの街のクリスマスマーケットの全部をじっくり見て回ることはかないませんでしたが、残りはまた次回の楽しみにとっておこうと思います♪


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives