ブラジル

ブラジル:サンパウロ

日下野 良武(くさかの よしたけ)

◎職業;ジャーナリスト、ブラジル文化研究家
◎居住都市;サンパウロ市(ブラジル国)

前の月へ

2018.8

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

 ブラジルにおける日本語教師と学習生徒の数が上向かず、横ばい状態が続いている。教師は日本人女性が大半で、これまで日本語だけによる指導だった。また、報酬は少なく、一家を支える職業とは言えなかった。加えて教師の高齢化が進む。旧態依然の環境では、さらなる増加は望めない。


サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

 日本語教師の養成や日本語学習の生徒育成を目的に活動する「ブラジル日本語センター」(サンパウロ市)の調べによると、昨年のブラジル全国の日本語教師数は約1,200人、学習者数2万3000人。過去10年間、双方の増減に目立った変動はない。


サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

サンパウロ市内の日本語学校「のびる学園」の授業(撮影・レオナルド小原氏)

 「世界最大の日本人・日系人約200万人が住むブラジルでの日本語教育を見直さなければなりません。日系社会はすでに3・4世時代。今、ポルトガル語を母語とする日本語教師養成に取り組まなければ、1世紀以上の努力が無駄に終わる。日本語文化普及が衰退する」と、日系3世の某日本語女性教師は真剣な表情で語る。時代の変遷とともに、学習者が日本人や日系ブラジル人から、非日系ブラジル人へ急速に代わりつつあるのだ。


 ブラジルでの日本語教育は110年前の第1回「笠戸丸」移民から始まったといえる。当初、日本移民は母国へ帰るという思いから、ブラジルで生まれた子どもの日本語教育に力を入れた。過疎農地に配耕された日本人は皆で協力し合い、学校を建て日本語を教えた。教科書は手に入りにくく、垢のついた兄姉のお下がりを使って勉強した。
 日伯両国は地理的には最も遠いが、心情的には最も近い国。日本文化の根幹をなす日本語をブラジルで広めれば、日本への理解者が増え、国益にもつながる。


 教育は一朝一夕に成就しない。日本語教師養成と学習者育成には長い時間とカネが掛かる。関係者が緊密に連携して半世紀先を見据え、時代に即応した方策を考えなければならない時代が到来している。


レポーター「日下野 良武」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

タグ:サンパウロ

  • 109 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website