ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

 昨年末から順々にネパールでも主要民族の暦の新年を迎えています。2月6日、カトマンズの中国文化センターでは、旧正月の春節祝賀会が開催されました。


躍動感のある楽しい民族ダンス

躍動感のある楽しい民族ダンス

 貴州省の歌舞団による、ミャオ族の民族歌謡、踊りや伝統楽器の演奏、カンフー演舞が披露され、来場者を喜ばせました。

 中でも見た目は地味ながら、木の葉を口に挟んで曲を奏でたり、「ニーハオ」などと会話する技が素晴らしかったです。山奥で遠く離れた所にいても、意思疎通が図れる昔ながらの通信手段なのでしょう。


木の葉の笛の演奏

木の葉の笛の演奏

 かぶり物が特徴的な女性の民族衣装がきらびやかで、色鮮やかな糸で刺した精緻な刺しゅう文様も大変美しく、目を奪われました。大勢のネパール人が写真を撮りに集まっていました。

 同時にネパールの子どもたちによるコミカルな民族舞踊と仏教の神聖なチャリヤダンス、仮面をかぶったマハンカリダンスも披露されました。


ダンサーの皆さんのかぶり物、装飾品、衣装がとても美しい!!

ダンサーの皆さんのかぶり物、装飾品、衣装がとても美しい!!

 一路一帯でネパールと中国の関係はより密になり、中国人在住者、観光客も増大しています。それに伴いネパール人も中国語学習に大変意欲的です。私自身も街を歩けば「ニーハオ」とあいさつされることが多く(ほとんどニーハオに限られる)なり、近年は特に南のインド同様、ネパールと中国との関係は非常に大切なものであることをひしひしと肌で感じています。


記念撮影は順番待ち 

記念撮影は順番待ち 


レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives