フランス

フランス:トゥルーズ

田渕和恵(たぶちかずえ)

職業…塾講師(日本)/イラストレーター(フランス)
居住都市…岡山県新見市/フランス・トゥルーズ市/ブルキナファソ・ワガドゥグ市他

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

 岡山県の北に位置する新見市。春になるとたくさんの山菜が収穫できます。
フキノトウ、タラノメ、ウド、ワラビ、ゼンマイ、コゴミ、ヨモギ、ツクシ…。3月下旬から4月まで、実にたくさんの山菜を味わいました。

 それらのほとんどが、ご近所さんたちが山で取ってきたもの。さっき取ってきたばかりという新鮮な山菜もあるし、アクを抜き、味付けした後、持って来てくださる方もいます。
 
 春の訪れをかみしめている4月中旬、親戚のおばちゃんから電話がありました。「新庄村にある道の駅で、臭いミツバを間違って買ってしまった。料理方法が分からんし、食べる気にならない」と相談を受け、その奇妙なミツバを頂くことに。

 奇妙なミツバの正体は、東南アジアの料理でおなじみのパクチー。確かに臭いがきつく、好き嫌いが分かれる葉っぱです。

 セリや春菊、サンショウ、葉ワサビなど独特の臭いがする葉はたくさん存在していますよね。それらは、山菜同様、アクや癖があったとしても、日本古来から食生活に取り入れられてきました。一方、パクチーとなるととたんに「臭くてかなわん…」のです。

 私は東南アジアの料理が大好き。特にパクチーをたっぷり使ったベトナム料理フォーは大好物です。せっかく頂いた新鮮なパクチーを無駄にしてはいけない!と思い、その日のうちにパクチーたっぷりのフォーを作りました。ご近所さんから頂いた新鮮なシイタケも入れ、岡山のパクチーでベトナムフォー何て、とってもおいしい組み合わせ。

 88歳のおばあちゃんにとっては、やはり臭くてかなわん葉っぱに変わりなかったのですが…。とにかく、おいしく頂き満足です。おいしい山菜や野菜をいつもお裾分けしてくださる、ご近所さん、親戚の皆さん、ありがとうございます。






レポーター「田渕和恵」の最近の記事

「フランス」の他の記事

タグ:香草

  • 115 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website