ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2018.9

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

2018年の難民ワールドカップ・サンパウロ大会で優勝したニジェール

2018年の難民ワールドカップ・サンパウロ大会で優勝したニジェール

 8月25、26日、9月1、2日、ブラジルの「難民サッカーワールドカップ(Copa dos Refugiados,以下難民Wカップ)」サンパウロ大会の試合が同市内各所のサッカー場で開催されました。 

 主催はNGOア・アフリカ・ド・コラソン(A África do Coração)です。同NGOも難民Wカップも、Wカップ・リオ大会が行われた2014年に始まり、今年で5年目を迎えます。創設者はジャン・カトゥンバさん(39)で、5年前にコンゴ民主共和国より政治的迫害で難民となりました。行政、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、カトリックのカリタス会なども後援する難民Wカップは、年々参加者も増え、存在感も増してきました。


サンパウロの今大会のトーナメント表

サンパウロの今大会のトーナメント表

 昨年からはリオグランデドスル州のポルトアレグレ市、今年からはリオデジャネイロ市でも同カップの地方大会が実施され、今年は全27カ国のチームが参加、3市の大会で優勝したチームが11月18、20日にサンパウロ市で開催されるブラジル大会に出場します。

 難民Wカップ・サンパウロ大会に出場したチームは、FIFA・Wカップでおなじみの出場国から聞きなじみの薄い国々まで、アフリカ諸国を中心に全16チーム。基本はボランティアで運営され、組織する人も選手たちも普段はサンパウロでごく普通に生活している難民認定者や申請者、移民の人々です。


今大会での韓国対ベネズエラの試合

今大会での韓国対ベネズエラの試合

 試合は前半30分、後半30分。トーナメントで全チームが優勝を目指しました(出場国は写真を参照)。全試合の試合結果は最下記の通りです。今回、サンパウロ大会で決勝まで進んだのはナイジェリアとニジェール。決勝ではどちらも譲らずで、2対2の引き分け、PK戦でニジェールが優勝しました。


準備運動をするアンゴラのチーム

準備運動をするアンゴラのチーム

 試合も見ものですが、アフリカ出身の選手が試合会場に入場する時の様子や練習風景、皆で一致団結する時のスタイルが日本や欧米とは異なり、気迫のある歌や踊りの要素が多分に含まれ、興味深いところです。アフリカや中東出身者が中心のエキゾチックなエネルギーあふれる難民ワールドカップです。


決勝に進出したナイジェリアとニジェールの選手たち

決勝に進出したナイジェリアとニジェールの選手たち

【8強】
モロッコXトーゴ(試合なし、モロッコ勝)
ニジェール3 Xイラク0
シリア1 Xレバノン5
カメルーン4 Xアンゴラ3
韓国4 Xベネズエラ0
マリ1 Xナイジェリア3
セネガル4 Xガンビア5
コンゴ民主共和国4×0ギニア・ビサオ
【4強】
DRC 1 Xガンビア3
韓国1 Xナイジェリア2
レバノン3 Xカメルーン2
モロッコ0 Xニジェール4
【準決勝】
ナイジェリアXガンビア
ニジェールXレバノン
【決勝】
ナイジェリアXニジェール


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives