メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.4

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 グアダラハラ市郊外の渋滞で有名な大通りにて、乱暴な運転のバスを避けようとして一般車両2台による軽い接触事故が起きました。

 問題はその後。

 女性の運転する被害車両に十分な車間距離を置いていなかったとして、追突した高級車の持ち主の男性が逆上、混乱を避けるため近くの駐車場に入った途端に女性の車を数分間激しく蹴り続け、罵倒し、コーヒーを浴びせかけるなどの暴行を行いました。

 この様子をスマートホンで冷静に撮影していた被害女性はすぐにSNSに投稿。その投稿は瞬く間に広がり、なんとその男性、グアダラハラに11の店舗を持つ創業1956年の老舗家庭料理レストラン経営者の孫だということがわかりました。


 
 


無料修理を申し出る修理工場

無料修理を申し出る修理工場

 このレストランはすぐに謝罪文を掲載しましたが、被害女性のSNSページには数多くのコメントが寄せられており、その中で炎上商法の一種とも取れるものがいくつもありました。

 車の修理工場からの「恐ろしい体験をした被害女性のために、無料で修理いたします」という納得のいくものから、「このような暴力行為で傷ついた被害女性を慰めるために、私たちのホテルにご招待します」などと言った一見無関係?とも思える業種まで。

 無料で商品プレゼントするという眼鏡屋さん、労ってあげたいという女性用スパ、無料法律相談をサービスする弁護士事務所、伝統的な音楽グループは歌のサービス、などなど。ここぞとばかりに便乗目当ての宣伝コメントを被害女性のページに送り込んでいます。


なぜか太陽熱温水器プレゼント?

なぜか太陽熱温水器プレゼント?

 加害者をひたすら叩く炎上商法とは違い、被害者をターゲットにしつつその周辺に名前を売り込む便乗商法。果たしてその効果がどれほどあるのか、むしろ逆効果になるのか、はたまたメキシコではそんなことは一切気にもされないのか。気になるところです。


楽団が歌で癒して差し上げましょう

楽団が歌で癒して差し上げましょう


山荘にご招待

山荘にご招待


レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 188 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives