ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2019.7

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

室内に設置された二つのハンモック

室内に設置された二つのハンモック

 ブラジル文化の一つ、ハンモック。インディオ由来の文化と言われ、今も例えばアマゾン河の船旅の寝床にハンモックが使われるのは、床からの虫よけや涼しく寝るためなど、実用面でも優れているからと言えます。

 そんなハンモックは、現代では田舎の広々とした自宅や町中の家屋の周囲のスペース、マンションのベランダなどでも、少しスペースがあれば、昼寝などゆったりくつろぐひと時のために設置されているのは珍しくありません。

 そんな中、ハンモックの利用をさらにアレンジして、アパートの室内に設置している1人が、サンパウロ市内に暮らすアーティスト、ケル・マローネさんです。


室内に設置された二つのハンモックの一つで座るケルさん

室内に設置された二つのハンモックの一つで座るケルさん

 現在、1人暮らしのケルさんは、10畳ほどのリビングと8畳一間の寝室、台所、洗濯場、シャワーとトイレルームのあるアパートに暮らしています。

 ケルさん宅には友人たちもよく出入りし、夜遅くまで一緒に過ごすことが少なくありません。そんな時はそのままケルさん宅に寝泊まりすることもよくあります。

 家具なども置いているため、大柄な友人が数人雑魚寝するには決して広いとはいえないフロア面積で、そんな問題を解決するのに思いついたのがハンモックの利用。

 リビングに二つ、寝室にはベットの上に一つのハンモックを設置することになりました。リビングにはもう一つ設置する予定で吊りがねをつけています。


寝室に設置されたハンモック

寝室に設置されたハンモック

 二段ベットを応用した感覚の室内でのハンモック利用。壁に吊りがねをつけて、ハンモックをつるすだけです。落ちないかと心配になりますが、特に心配はないとのこと。

 ハンモックの生地はサイズ、デザインも多岐にわたります。2人が寝られるサイズ、メッシュ素材の生地など、好みに合わせて選べます。

 ケルさんはアーティストということもあり、室内に設置されたハンモックまで、室内装飾のデザインに見えてしまうのが素敵なところです。


壁に付けられたハンモックの吊りがね

壁に付けられたハンモックの吊りがね


メッシュタイプのカラフルなハンモック

メッシュタイプのカラフルなハンモック


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

  • 139 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives