ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2021.10

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

トレンディー旅行社が取り扱う「新型コロナワクチン接種の旅行」のパック案内

トレンディー旅行社が取り扱う「新型コロナワクチン接種の旅行」のパック案内

 「新型コロナのワクチン接種旅行」

 個人旅行、もしくはパッケージツアーで、少し前から見聞きするようになった旅行プランの案内です。

 ブラジルは日本よりもワクチン接種が早く進められています。新型コロナウイルスの感染者は増加し続けて来ましたが、先月末には、間もなくサンパウロ市でも50代までワクチン接種が受けられるという案内が流れ、着実に前向きな方向に進んでいるかのように見えなくもありません。 

 ブラジル国内では、中国製やブラジル製、欧米製など、ワクチンの原産国も気にする人々もおり、人気の欧米製のワクチンが接種できる施設は人々が集中している話も聞きます。

 その様な中、米国はワクチンの数に余裕があり、ブラジルからの旅行者への接種も受け付けるようになり、ブラジルでは、「米国へ新型コロナのワクチンを接種する旅」が一つの選択肢になっています。
 
 「個人旅行で米国まで行って、ワクチン接種を受けてきたという人の話を耳にするようになりました。便利なパッケージツアーも販売されていますので、ご案内させていただいています」
と説明するのは、サンパウロ市内のトレンディー旅行社を経営する関根いつ子さん。

 現在、同社が取り扱う米国でのワクチン接種の旅行プランは、メキシコのカンクンで一時的な隔離を兼ねて2週間を過ごし、PCR検査を受けた後、米国のマイアミ、もしくは、ニューヨークかオーランドで3泊し、その間にワクチンを接種して、ブラジルに帰国するというものです。3泊しなくても、ワクチン接種だけのために1泊して帰国することも可能です。米国のジョンソン製のワクチンは一回の接種で他社の製品と同様の効果が得られるため、この様なプランも成り立ちます。

 「今週から本格的にご案内を開始して、既にお問い合わせもいただいております」
と関根代表はいいます。 

 価格は、例えば、カンクンに2週間、マイアミに3泊で4300レアル(約9万1000円)+航空運賃。カンクンではリゾートホテルでゆったりできます。

 ブラジルは、コロナ禍で失業者が増え、生活費にも困る人が出ているというニュースが流れる一方、日頃の生活で動きが止まり、お金を使う機会も減り、逆にお金がたまっている人もいます。リモートワークが進み、2、3週間ならワクチン接種を目的に海外旅行というのも、今ならではの気分転換になる人がいるといえます。






レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

  • 153 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives