小島 瑞生

 カンタベリーに別れを告げ、次を目指すはウィンザー(Windsor)です。  夫はウィンザーを訪れるのが今回初めてで、筆者自身もウィンザーに来るのは実に30年ぶり。ウィンザーに来たことがあるのは覚えていますが、ウィンザー城に旗が上がっており(エリザベス女王が滞在中、の意味)、その日はウィンザー ..

  • 95 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 「人間が道で倒れても、救急車なんて来ない」「私が生まれた国には、ろくな病院すらない。誰かが道で倒れても、救急車なんて来たためしがない。それなのにオランダでは、小鳥一羽を助けるために、夜中でも救急車が出動するんですね!」これは、動物専用の救急車があることを知って驚愕した、とあるクラスメートの言葉です ..

  • 81 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 フランスのカレーからユーロトンネルで海峡を渡り、無事南イングランドに着いた後は、そのまま車を走らせてこの日の宿があるカンタベリーの町に到着。  そしてすぐにカンタベリーの宿泊先へ向かいます。そこで我々が泊まるホテルがカンタベリー大聖堂の敷地の中であることを知りビックリ。大聖堂の立派なゲートが ..

  • 79 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 皆さんは、スリナムという国を御存じですか?  日本のおよそ半分の面積を持ち、南アメリカ大陸では最も小さい独立国でもあるスリナム共和国は、1975年まではオランダに属していました。国土の80%はジャングルで覆われ、今世紀に入っても前人未到の場所があるほどで、新種の動物や植物が発見されるという野 ..

  • 84 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 ある週末、隣りの州にあるモントルー(Montreux)の町をぶらぶら歩いていたら、ふと何か違和感を感じました。  いつも見かける風景に何かがないような…。でも何が足りないのだろう?  そうです、レマン湖のほとりでいつも熱唱中のフレディ・マーキュリー氏の像が消えているのです。  フ ..

  • 81 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 訪問するときに「手ぶら」で行っても、一般的に無礼にはあたらない、と言われるオランダ。逆に意味もなく贈り物をすると受け取り拒否をされることもあり、戸惑うこともあるようです。日本と違うオランダの贈りもの事情とはどんなものなのでしょうか? ..

  • 96 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 フランスのシャンパーニュ地方の後、さらにフランスを北上。  数時間後に到着したのはフランスのカレー(Calais)。ここからドーバー海峡(英仏海峡)のユーロトンネルを通って、車ごと英国へ渡ります。  今回で3度目のユーロトンネル体験ですが、英国がEU離脱してからは初めての渡英なので、ち ..

  • 138 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 チアリーディングのダンス競演が終わってから、両チームの選手入場が始まりました。ロゴマークをセンターのスコアボードの両側に映すような感じで、チームカラーのライトで場内を彩る演出を施していました。  こうして写真を見ると、台北ドームの広さを感じさせない演出はしっかり練られている感じでした。 ..

  • 144 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 シャンパーニュ地方には数日滞在したのですが、宿泊したうちの一つのホテルはとても鄙(ひな)びた場所にありました。  そのホテルへ向かうべく、フランスの田舎道をひたすら車で走って行きます。アルプスなど山が多いスイスに暮らしていると、フランスは平地がずっと広がっているイメージが強いです。   ..

  • 158 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 コートは、内野の一塁側から三塁側にかけて長編が来るように設けられていて、今までに見たことがない設置の仕方でした。外野の部分は使用せず、外野席、巨人の親善試合で使われたL 4、L 5ブロック(4、5階席)は使用されませんでした。  報道によると、前日の試合の時は、外野席方面にも移動できたような ..

  • 141 ビュー
  • 0 コメント