別紙 敦子

フランスには、「Tabac」という売店が存在します。 「キヨスク」と同じくらいの小さな規模ですが、通常、カフェやレストランなどの中に小さなスペースを設けて存在しています。 フランスのキオスクは、公園や駅の近くの小さな建物で、一部の面に壁が無く解放されていて新聞とか雑誌が並んでいる売店のことで ..

  • 68 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 過去2回と違うところは、ステージまでの近さ。  総統が登壇するステージに、ここまで近づけたら、政治的色合いが強いものや警備が厳しくなるのは、仕方がないですね。   ..

  • 44 ビュー
  • 0 コメント

刺し子と絞り

2017.03.02 up

うえの ともこ

今年で2回目となるインターナショナル ウーマンズ トレード エキスポに足を運んでみました。ネパール、その他海外の女性起業家、団体により、食品、農産物や衣料品、アクセサリー、手工芸品を展示販売されていました。 ..

  • 85 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 演奏を終え、退場します。  この時、マーチングバンドの指揮者が台を降り、退場する際、ひざがずっとガクガク震えていました。新年の幕開けを告げる貴重なイベントで、大役を任された重圧と緊張を受け止めていたようにも見えました。 ..

  • 64 ビュー
  • 0 コメント
大浦 智子

 この一年くらいで、サンパウロの道行く人の間で流行してきたものと言えば「ミニ・フクロウ柄」です。  流行やファッションに無関心な男性でも、言われれば町で「フクロウ柄」を見かけた記憶があると言えるくらい、よく目につきます。  日本でもフクロウ・カフェなどが話題になってフクロウが注目されてい ..

  • 23 ビュー
  • 0 コメント
うえの ともこ

カトマンズトリエンナーレ期間前から様々なイベントが開催されています。 その中のひとつCakes,Art &High Tea 。 イベントの広告やバナー。チケットからしてとてもお洒落でエレガント! ..

  • 2 ビュー
  • 0 コメント

マルセロさん

2017.02.28 up

日下野 良武

 帯広市に住んだブラジル人がサンパウロ市にいる。ポルトガル語はもちろん西語、仏語、日本語、英語の5か国語に通じる男性の名はマルセロ・ミヤシロ・アルセさん(33)。  サンパウロ市生まれで妹が1人。医師の父親はボリビア生まれ、母は3歳で沖縄県からの移住者、両親ともに帰化ブラジル人だ。 ..

タグ:サンパウロ

  • 34 ビュー
  • 0 コメント
小川 聖市

 出番を終えた台北市立第一女子高級中學(以下、北一女)の生徒たちが横を通り過ぎ、自分たちの出番が近づいてきたことを告げます。 ..

  • 64 ビュー
  • 0 コメント
うえの ともこ

カトマンズ盆地の大気汚染がまた一段と深刻になってきています。新聞で毎日発表される汚染指数はWHOの安全とされる数値を大幅に超えて、健康被害を及ぼすレベルになっています。先日の報道のWorld Economic Forum の資料によると、世界の都市でもワースト10に入る大気汚染度ということです。 ..

  • 50 ビュー
  • 0 コメント

近づくカーニバル

2017.02.26 up

日下野 良武

 十勝とは反対にブラジルは今、真夏。今年もカーニバル(謝肉祭)が近づいた。休日は2月28日だけだが、国民は例年、前週土曜日から翌週水曜日までの5日間休む。今月に入り、テレビのCM音楽にサンバのリズムが急に多くなってきた。  2月初めの週末、サンパウロ市内のイビラプエラ公園を散策した。高さ10mはあ ..

タグ:サンパウロ

  • 51 ビュー
  • 0 コメント