日下野 良武

 今年もまた、ブラジル日本移民記念日がやって来た。第1回移民船「笠戸丸」(約6000トン)がサントス港に着岸したのは1908年6月18日。それを記念し、ブラジル政府が「日本移民の日」に制定した。この日、日系社会では先駆者に祈りをささげるミサを行う。 ..

タグ:サンパウロ

  • 78 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 6月に入って、セニョーラの世間話はもっぱら「電気料金」についてです。 というのは、昨年からのパンデミックにより多くの人々が収入減に陥ったのに、追い打ちをかけるように、一般市民にとっては切り詰めることのできない電気料金に対し、スペイン国営電力会社が6月1日より大幅な値上げに踏み切ったからです。 ..

  • 57 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 新型コロナ禍での2回目の夏が到来している現在、スイスや他のヨーロッパの国々では、飲食業店が再開したり、ワクチン接種が進んだり、自由に旅行がしやすくなるCovid−19証明書やアプリができたり、とコロナ以前の生活に戻るべく奮闘中ですが、観光業は相変わらず苦難を強いられている印象があります。   ..

  • 137 ビュー
  • 0 コメント
サンチェス恵梨香

 ご存知の通り、アメリカの新型コロナウイルスの感染者数と死亡数は一時世界最悪にまで増加し、今年1月にピークに達しました。  長いロックダウンの期間の後、徐々にワクチンの接種が進んでいき、現在(7月初旬)サンフランシスコ全市民の約67%、12歳以上の約74%、65歳以上の約82%が必要回数のワク ..

  • 65 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 今年6月、コロナ感染予防規制が解除になったバルセロナでは、パンデミック以前の活気が 少しずつ戻ってきています。  そこで、2019年に開店したサッポロラーメンの店「匠」に、行ってまいりました。開店当初、なかなか良いという噂を聞いていたので、一度行ってみたいと思っていたのです。  スペイ ..

  • 38 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 西ヨーロッパ時間・6月18日(金曜日)の夜、オランダのマーク・ルッテ首相が記者会見を行いました。この記者会見はコロナ感染蔓延後の昨年2月以降、ほぼ毎月行われているものです。ようやくコロナ終焉が目に見えてきたオランダですが、18日に首相は全国へ向け、来週からの規制緩和を公表しました。 ..

  • 99 ビュー
  • 0 コメント
別紙 敦子

 6月初めパリのアヴェニューオペラの先端のパレ‐ロワイヤル広場にて、寛いでいたり、待ち合わせをしていた人々が、突如として、踊り始めました。 ..

  • 262 ビュー
  • 0 コメント
小島 瑞生

 2020年からのコロナ禍により、人々の自由な移動が制限されるようになって久しいですが、スイスの隣国ドイツへ行くのすら、長い間容易ではありませんでした。  特に昨年の秋から、欧州内での新型コロナ新規感染者の激増をきっかけに、ドイツはスイスを『感染リスクの高い国』として危険リストに加えました。そ ..

  • 171 ビュー
  • 0 コメント
山本 グィスラソン 由佳

 スウェーデンは18歳以上の人口の約50%が1回目ワクチン接種が完了しています。(6月12日現在)  今年1月から接種が開始され、優先される高齢者や基礎疾患のある方々の2回の接種がほぼ完了に向かっていることもあり、コロナによる死亡率は1月をピーク期に減少しています。  全体の感染者数は、 ..

  • 102 ビュー
  • 0 コメント
フリードリヒス カオル

 コロナでのロックダウン(都市閉鎖)が、昨年の12月から本格的に突入したオランダ。半年の厳しい規制を経、3月から徐々に進行中のワクチン接種のお蔭で、感染者数は明らかに減少しています。  それに伴い、PCRR検査の受け方にも柔軟性が伴われるようになりました。まず、「ちょっと熱があるな」とか、「喉 ..

  • 219 ビュー
  • 0 コメント