イタリア

イタリア:ローマ

菅谷 桂子(すがや けいこ)

職業…主婦
居住都市…ローマ(イタリア)

前の月へ

2019.11

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

屋内コートで平日にボッチェを楽しむ男性高齢者達

屋内コートで平日にボッチェを楽しむ男性高齢者達

ボッチェBOCCEとは、ボーリングに似た球技です。
全長27.5m、幅2.5~4、屋外あるいは屋内コートで行われます。
ゲームの様式や種目やカテゴリーは、シングル、ダブルス、3対3、4対4により変わります。
ゲームの進行は、まず小さい標的球を投げ、それに向け自分のボールを転がし、標的小玉に近づけたり、ノーバウンドで相手のボールに当て突き飛ばし、標的小玉から遠ざけることで得点を競います。


標的小玉とボールの距離を見ているところ

標的小玉とボールの距離を見ているところ

ボッチェの歴史は古く、世界で最も旧い球技の一つとも言われています。その起源は紀元前七千年まで遡ると言われ、古代ローマ時代においては軍人達の娯楽であったとも言われています。


春から夏にかけて暖かくなると使用する屋外コート

春から夏にかけて暖かくなると使用する屋外コート

イタリアの男性高齢者の間で、とても人気のあるアマチュアスポーツです。勿論国際競技として若い選手も存在します。激しく走らないので、一見簡単そうにも見えますが、集中力と手腕、まさに心身統一が必要です。


日曜の午前中クラブ対抗のトーナメントの様子

日曜の午前中クラブ対抗のトーナメントの様子

我家の近くにもアマチュアのボッチェ愛好者クラブがあり、屋内と屋外コートがあります。このクラブは40年前に設立され、現在110人の登録者の平均年齢65~70歳。平日の日中は年金生活者が多く、常設のバールで話したり、見学したりしてほのぼのとした雰囲気が見られます。しかし週末クラブ対抗のトーナメントでは、静粛の中、出入りも注意される程の緊張感がありました。


オスティア・ピネタクラブの皆さん、屋内コート常設のバールにて

オスティア・ピネタクラブの皆さん、屋内コート常設のバールにて

日本ではスプールブールと呼ばれます。スプールブールは、その歴史から国際的にも知られる競技の一つであります。1991年に始めてワールドゲームが開催されたことにより、Special Olympicsに導入され、オリンピック種目にしようという動きもありますが、まだ実現されていません。故に日本では、知名度が低く競技者も少ないようです。


レポーター「菅谷 桂子」の最近の記事

「イタリア」の他の記事

  • 4590 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

emilyより:

2015 年 02 月 26 日 20:58:05

こんにちわ京都宇治からメールしています。先日たまたま、同じローマに住まわれているKeikoさんとブログで知り合い、私がペタンクをしていますと書けば、イタリアではポッチェと云うスポーツでは有りませんかと云うお話でしたので、ネットで調べると、”菅谷 桂子”さんにヒットしました^^ はじめまして^^ ペタンクと似ているようで少し違いますね。
投げる時の足は、30cmのサークルから出ては駄目とか、ボールはペタンクは鉄球で写真で見える限りではポッチェの方が大きく見えますね^^ 桂子さんもされているのですか?
イタリアは1度半行ったきりで、再度行きたいと思っています。今 ヨーロッパ中東あたりは、怖いので当分じ?っとしています。 これからもブログ楽しみに読ませていただきます。
宜しくお願いします。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website