台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2024.5

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

3位の表彰台に立つ山崎静代(左から2人目)

3位の表彰台に立つ山崎静代(左から2人目)

 以前下のURLにて紹介した南海キャンディーズ「しずちゃん」こと山崎静代のデビュー戦。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20119922257

 残念な結果に終わりましたが、出場人数の関係で上の写真のように3位に入賞しました。

 山崎本人は、呼ばれた際に事情が分からず、戸惑っていましたが、表彰台の上では、南海キャンディーズの相方・山里亮太と一緒の時に見せる「狙い撃ち」のポーズを見せる等、笑顔でした。

 試合の動画を見る事が出来ましたので、以下、私の経験をもとに簡単に触れさせて頂きます。

 山崎の最大の課題は「ガードが常に下がっている」。
 これに尽きると思います。

 パンチを放つ際にも、相手と対峙する時でも、ガードが下がっている事が多く、序盤は、そこを徹底的に突かれ、ダウンも喫し、最終的に第1ラウンド(2分)で27ポイントを献上しました。

 中盤以降は、相手が体重の増量からくる体力不足が露呈し、攻撃が少なくなったため、ガードは比較的出来ていました。しかし、自分よりもパワーのある相手のパンチが当たったら、致命的なダメージになりかねません。

 この部分の克服が、ボクサー・山崎静代の今後の発展の鍵になるかもしれません。

 以下、日本の選手達の様子を紹介したいと思います。


女子ライト級優勝の釘宮智子(赤)

女子ライト級優勝の釘宮智子(赤)

 以前紹介したフライ級の新本亜也は、そのまま優勝しました。

 上の写真の釘宮智子は、ライト級で優勝しただけでなく、女子の部の最優秀選手賞を獲得しました。

 


男子フライ級準優勝の田中一樹(青)

男子フライ級準優勝の田中一樹(青)

 男子は、ライトフライ級の野邊優作、以前紹介したバンタム級の中澤奨、ライト級の藤田健児、ウェルター級の皆川直樹が優勝しました。

 決勝でも強さを見せた彼ら以上に、私の中で印象に残ったのは、上の田中一樹でした。

 決勝は、比較的優位に試合を進めながらも、相手のパンチをもらいすぎたのが響き、19ー20の僅差のポイント判定負け。


試合後、日本チームのスタッフらの前で泣き崩れる田中一樹

試合後、日本チームのスタッフらの前で泣き崩れる田中一樹

 試合後は、上の写真のようにスタッフの前で泣き崩れていました。

 その後は、両脇を抱えられ、選手用控え室へ移動。

 表彰式でも、つくり笑顔でチームスタッフ達のカメラに収まっていましたが、表彰台を降りてからすぐにメダルを外し、悔し涙を見せていました。

 田中の今後の発展に期待します。


ウェルター級優勝の皆川直樹(赤)

ウェルター級優勝の皆川直樹(赤)

 決勝でインパクトが大きかったのは、上の皆川直樹の試合でした。

 試合開始からパンチを打ち続け、着実にダウンを取り、最後は第2ラウンド途中で相手のセコンドからのタオル投入。

 他の試合が全部ポイント判定だっただけに、ただただ驚きました。

 このような感じで、日本から来た選手達の活躍が目立った大会でした。同時に、大会の成功にも大きく貢献しました。

 今回エントリーした選手達が、1人でも多くロンドン五輪の舞台に立ち、いい結果を残す事を祈っています。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives