見形 明美(みかた あけみ)

職業…旅行会社勤務
居住都市…ゴロカ(パプアニューギニア)

前の月へ

2020.8

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

4輪駆動車で立ち往生

4輪駆動車で立ち往生

日本なら、舗装が当たり前の道ですが、ここパプアニューギニアの道は、主要な道路のご極一部しか舗装されていません。
雨が降ると、立ち往生なんているのは、よくある話です。
この写真も畑というわけではありません。もちろん道です。4輪駆動の車で、何度となく登ろうとアクセルを踏むのですが、滑って先に進みません。仕方なく、車に乗っていた人たちが大きな石などを探して、轍に落としていきます。それでも進めないときはあきらめるしかありません。


骨組みだけの橋

骨組みだけの橋

また、こちらは、橋の写真ですが、実は、橋の骨組みだけあって、鉄板のない橋です。
橋の真ん中で止まったときには、車から降りるのも、怖いです。
タイヤが進むところにだけ、木材が載せてあるだけなので、車が通るとその木材もずれます。


タイヤを黙々と修理するタイヤ修理屋さん

タイヤを黙々と修理するタイヤ修理屋さん

パプアニューギニアの道はとてもスリル満点。でも、こんな道に欠かせないのは、タイヤの修理屋さんです。タイヤはもちろん頻繁パンクします。パンクしたタイヤを持って行って、直してもらったときには、彼らは神様ではないかしらと思いたくなります。こんなに有難い人たちはいないですね。




レポーター「見形 明美」の最近の記事

「パプアニューギニア」の他の記事

タグ:

  • 1268 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website