見形 明美(みかた あけみ)

職業…旅行会社勤務
居住都市…ゴロカ(パプアニューギニア)

前の月へ

2023.5

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

一斉にスタート

一斉にスタート

パプアニューギニアでは、毎年、全国の主要各都市で一斉に走るジョギング大会があります。この会社は、実はお米の会社ですが、お米は100%輸入に頼っているので、お米輸入会社と呼ぶ方が正しいかもしれません。イモが主食のパプアニューギニアですが、都市部を中心に最近では、お米を食べる人が大変増えています。


黄色のTシャツが参加資格

黄色のTシャツが参加資格

このジョギング大会の参加資格は、専用のTシャツを購入し、着用することです。これが一枚あたり10キナ(日本円約400円)します。このTシャツは、街の中でも売られるし、会場でも購入できます。事前受付というものがなく、その日に会場に行って、受付をします。朝6時から受付開始と言われていたので、会場に行ってみると、まだ外は真っ暗で、会場は閉まっていて中に入れません。6時半になっても会場が開かず、今日は中止かな?と思ったとき、6時45分過ぎくらいから、会場が開き、人々が集まってきました。これが、パプアニューギニアタイムと呼ばれるものです。


霧の中を歩く人々

霧の中を歩く人々

結局朝6時半スタートが7時15分スタートになり、やっと走り出します。標高1600mあるゴロカの朝は霧が町中をおおって、肌寒く、走ると心地よいくらいです。しかし、10分も走ると息切れがします。歩いている人が実に多いです。これは、普段トレーニングしていないこともありますが、実は標高が高いゴロカでは、息切れがして当たり前なのです。知らずに高所トレーニングになっているのですね。




レポーター「見形 明美」の最近の記事

「パプアニューギニア」の他の記事

タグ:

  • 1243 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website