スウェーデン

スウェーデン:ウメオ

山本 グィスラソン 由佳(やまもと ぐぃすらそん ゆか)

職業:音楽関係
居住都市:ウメオ(スウェーデン)

前の月へ

2020.8

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本屋の一角に陳列しているパズル(矢印)

本屋の一角に陳列しているパズル(矢印)

最近少しハマっているものは「ジグソーパズル」
皆様の中にも「夢中になるとつい止められなくなる」という方が多いと思います。
日本ではジグソーパズルを買うときは、玩具屋または文房具店の一角を探すことが一般的ですが、スウェーデンでは主に「本屋」で取り扱われています。


一般的なジグソーパズルの値段は1000ピースで200クローナ(約2400円)程度ですが、旧作は半額程度になっていることも

一般的なジグソーパズルの値段は1000ピースで200クローナ(約2400円)程度ですが、旧作は半額程度になっていることも


ジグソーパズルと同じ場所に各種ゲームが陳列しています

ジグソーパズルと同じ場所に各種ゲームが陳列しています

スウェーデンの玩具店では、ジグソーパズルが置いてあることはごく稀、一部の文具店でも見かけますが、やはり一番取り扱いの多いのは本屋、チェスなどのゲーム類は玩具店にも一部置いてあるものの、本屋でパズルと同列に陳列されていることのほうが一般的です。

やはり「頭を使うものは玩具店よりも本屋が専門」というのがスウェーデンでの通念のようです。パズルやゲームが娯楽として、というよりは、学習の一環と捉えられていることが、スウェーデンと日本の意識の違いであるようです。


完成した1000ピースのジグソーパズル、日本のパズルと比較すると、表側の光沢が強いものの、ピースの裏側は紙が切れていたり雑なもののが多く、質感が異なります。

完成した1000ピースのジグソーパズル、日本のパズルと比較すると、表側の光沢が強いものの、ピースの裏側は紙が切れていたり雑なもののが多く、質感が異なります。


しかし、ジグソーパズルが本屋に陳列されていても、本屋でジグソーパズル用のパネルが売られていることはごく稀です。パネルは日用雑貨店などで購入する必要があるので、同じ店で揃えられないのは少し面倒かもしれませんね。


レポーター「山本 グィスラソン 由佳」の最近の記事

「スウェーデン」の他の記事

  • 1721 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives