アメリカ

アメリカ:ボストン

上村 理絵(かみむら りえ)

職業…教育関係
居住都市…ボストン(アメリカ・マサチューセッツ州)

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

容疑者拘束のニュース

容疑者拘束のニュース

 今朝は衝撃のニュースで目覚めました。昨夜未明、ボストン近郊のウォータータウン市で銃撃事件があり、ボストンマラソン爆破テロの容疑者の1人が死亡し、残りの1人の容疑者が逃亡中。銃撃戦の前にはマサチューセッツ工科大学で警官が殺害され、車が奪われた事件にも2人は関与していたとのこと。今朝、容疑者の身元がメディアで公開されました。

 事件があったウォータータウン市とその近辺の街には外出禁止令が出され、まもなくボストン全域にもその範囲は及び、私も今日は1日家の中にいることを余儀なくされました。公共交通機関も朝から運行見合わせです。線路の近くに住んでいるので普段は電車の音が聞こえて来るのですが、今日は静まり返っていました。そのかわりにヘリコプターとパトカーの音がひっきりなしに聞こえ、厳戒態勢がうかがえました。

 ボストン日本領事館からは繰り返し、注意喚起のメールが届き、その中には「爆発音,銃声音などが聞こえた場合は,窓から離れ,姿勢を低くし,部屋の奥に隠れるようにして下さい」という文面も。経験したことのない非常事態に不安を隠せませんでした。


 テレビのニュースでは、19歳の容疑者が通う大学のクラスメイトや、高校の同級生、親戚などのインタビューなどが繰り返し流され、容疑者発見に関してはあまり進展が見られないまま夜になりました。そして未解決のまま、現地時間の午後6時過ぎに外出禁止令が解除されました。

 午後7時を過ぎた頃でしょうか。ウォータータウン市の一角が警察によって包囲されているというニュースが入りました。容疑者は住宅の裏庭にあった小型ボートの中に隠れていたようです。その後、容疑者拘束とのニュースが。今、病院に搬送されていますが、怪我を負っているのか、健康状態がどうなのかということはまだ不明のようです。


 多数の市民を巻き込み、不安に陥れた、緊迫した長い1日でしたが、とにかく容疑者拘束ということで、胸をなでおろしています。

 早く真相が解明されることを願うばかりです。




レポーター「上村 理絵」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 1126 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website