スウェーデン

スウェーデン:ウメオ

山本 グィスラソン 由佳(やまもと ぐぃすらそん ゆか)

職業:音楽関係
居住都市:ウメオ(スウェーデン)

前の月へ

2017.7

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ガラス張りのUmeå  Östra 駅

ガラス張りのUmeå Östra 駅

 ウメオ市内の駅、中央駅と東駅があります。中央駅が伝統的な外観で、こじんまりしているのに対し、モダンな造りで広いのはウメオ東駅。ガラス張り外側の網状デザインは、Cloetta Kex(ケックス=ウエハースにミルクチョコレートがコーティングされたスウェーデン発祥の菓子)がモチーフだそうです。

 昨年ウメオに来た日本人が、ウメオ東駅を利用していたのですが、ウメオ東駅を中央駅と思っていたと伺い、一般の感覚ではそう思うのかなと感じました。


北欧らしいデザインが描かれ、広々とした駅構内

北欧らしいデザインが描かれ、広々とした駅構内

 私もウメオ東駅の中を実際に視察してみました。エスカレーターも新しく、中には広いカフェテリアもあり、待ち時間もくつろげる雰囲気。手すりなどの設置も充実し、身障者や高齢者が利用しやすいよう工夫されている様子もうかがえます。


広いカフェスペースもあります。壁の斜め模様がKexのモチーフ。ここに来たからにはKexを頂く?

広いカフェスペースもあります。壁の斜め模様がKexのモチーフ。ここに来たからにはKexを頂く?


モチーフとなったチョコレート菓子Kex

モチーフとなったチョコレート菓子Kex

 ちなみにウメオ東駅は2010年開設。ウメオ名物とも言われる大学病院や大学の近隣に立地するので、そちらに用事のある旅行者は、ウメオ東駅を利用すると便利です。


ちなみにこちらは、こじんまりと伝統的なたたずまいの中央駅

ちなみにこちらは、こじんまりと伝統的なたたずまいの中央駅

 伝統を保たれ残されている中央駅も、また違った趣があるものですが、「チョコレート菓子をモチーフにした駅」というのも、なかなか面白い創造と思います。


レポーター「山本 グィスラソン 由佳」の最近の記事

「スウェーデン」の他の記事

タグ:ウメオ,

  • 110 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives