台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

総統府前の手荷物検査場前の様子

総統府前の手荷物検査場前の様子

 総統府へ行き、会場前の手荷物検査場で並びましたが、これが大誤算。

 前年も紹介しましたが、手荷物検査は厳重で、傘(折りたたみ傘、長傘など問わず)、自撮り棒、三脚などは会場に持ち込めず、道路脇の適当な所に置かなければなりません。政治的なメッセージがあるボードなども持ち込めません。

 そのくらい厳重にやっているからこそ、音楽会の雰囲気が明るく開放的になっているのだと思いますが、私の場合、並んでから入場するまでに50分くらいかかり、冒頭の30分で行われた台北市立第一女子高級中學、同建國高級中學、同中山女子高級中學(以下、中山女高)の公演を見ることができませんでした。


次に目指すは国旗掲揚

次に目指すは国旗掲揚

 手荷物検査を終え、慌てて中山女高の関係者のところへあいさつに行ったときには、時すでに遅し。公演はすでに終了していて、記念撮影に入っていました。

 私も記念撮影の輪に加わり、一緒に撮影していましたが、出遅れ感は否めず、関係者たちには会うたびに「あ、そうなの? あんたも悲惨やったねぇ」と慰められました。


開始前

開始前

 中山女高の関係者を見送ってからは、総統府の近くへ向かい、国旗掲揚式典に備えました。

 手荷物検査が厳しい影響か、前年同様集まってくる人が少ない気がしました。


蔡英文(ツァイ・インウェン)総統(左から5人目)と陳建仁(チェン・ジェンレン)副総統(左から6人目)の登場

蔡英文(ツァイ・インウェン)総統(左から5人目)と陳建仁(チェン・ジェンレン)副総統(左から6人目)の登場

 国旗掲揚式典の前に、蔡英文総統と陳建仁副総統が入場して、雰囲気が盛り上がります。


いよいよ始まります

いよいよ始まります

 準備が整い、式典に入ります。
 スポットライトが国旗掲揚に備える兵士たちに当てられ、否応なしに気分も高まります。

 続く。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 125 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives