チリ

チリ:サンティアゴ

鰐部マリエ(わにべまりえ)

職業…フリーランス・フォトライター
居住都市…チリ(サンティアゴ)

前の月へ

2018.7

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

チリで自転車に乗る場合、安全のためヘルメットは大人も必須

チリで自転車に乗る場合、安全のためヘルメットは大人も必須

 最近娘がチリの幼稚園に通い始め、自転車を購入することになりました。日本ではママチャリに子ども用の椅子を2つ装着している人をよく見掛けますが、チリでは2つも着けて走っている自転車は今のところ見たことがありません。

 買ったばっかりの頃は旦那や周りの人に大丈夫?と心配されながら子ども2人を乗せて走っていました。最近はずいぶん自転車にも慣れてきて、旦那や周りの人からびっくりされる目で見られることも減りました。


日曜日の自転車天国は朝9時〜2時の時間帯で、係の人が交通整備をしながら運用されています

日曜日の自転車天国は朝9時〜2時の時間帯で、係の人が交通整備をしながら運用されています

 チリの家庭では、子どもの送り迎えはスクールバスなどを利用する人が多いので、自転車を使うママたちは日本に比べるととても少ない印象です。しかし、日本に比べると会社が交通費を出さない会社も多いためか、自転車で会社通勤する人は多くいます。


日曜日の自転車天国は旧市街の観光スポットも通過するので、サイクリングとしても楽しめます

日曜日の自転車天国は旧市街の観光スポットも通過するので、サイクリングとしても楽しめます

 日本に比べると車の運転は少し荒く、歩道も狭いため、自転車専用道路「シクロビア」が車道の隣に設けられています。主要道路にしかシクロビアがないので、初めてサンティアゴを走る場合はシクロビアがどこにあるかを確かめてから運転する方がいいかもしれません。
http://www.bicineta.cl/ciclovias (サンティアゴのシクロビアの地図)


 日曜日には歩行者天国のような「自転車天国」がサンティアゴの旧市街から新市街にかけて設けられるので、普段少し危ない道も日曜日だけは自転車で自由に走ることができます。旧市街の古い街並みなどを楽しみながら、子どもたちとお弁当を持って途中の公園で休憩しながら楽しい時間を過ごすことができます。


だだっ広い道路も自転車天国は自由に走行できます

だだっ広い道路も自転車天国は自由に走行できます

 サンティアゴはアンデス山脈の麓にできた町なので、旧市街から新市街に向かうにしたがって緩やかな上り坂が続き、新市街から旧市街に向かう時には緩やかな下り坂でサイクリングを楽しむことができます。街中にはレンタルバイクもいくつか設けられているので、日曜日は自転車で自転車天国を楽しむのはとてもお薦めです。
http://www.ciclorecreovia.cl/ (チャリダーを対象にしたイベント情報&日曜日の自転車天国情報)


レポーター「鰐部マリエ」の最近の記事

「チリ」の他の記事

タグ:

  • 90 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website