スウェーデン

スウェーデン:ウメオ

山本 グィスラソン 由佳(やまもと ぐぃすらそん ゆか)

職業:音楽関係
居住都市:ウメオ(スウェーデン)

前の月へ

2020.8

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ロイカバードにある温泉の噴水

ロイカバードにある温泉の噴水

スウェーデンで生活していると度々恋しくなるのが温泉。国内にはスパやプールに設置のジャグジーなどは数々あれども、温泉自体が湧き出ていないため、もちろん沸かし湯です。

温泉と聞いて真っ先に思い浮かべる国は、やはり温泉大国日本ですが、スウェーデンからも気軽に行ける欧州各地にも温泉はあります。
今回はその一つ、スイスにあるロイカバード温泉を訪ねて参りました。


ホテル併設の温泉浴場

ホテル併設の温泉浴場

標高1411mの山の中にある集落が、ロイカバード村、観光客には温泉とロープウェイが人気あり、冬はスキーを楽しむことも出来ます。
二大ロープウェイ(GemmibahnとTorrentbahn)は、どちらも標高2300m超の山頂まで繋がっています。村をそれぞれ違う角度から一望出来る趣あり、どちらも山頂には軽食レストランがあります。


Gemmibahnロープウェイの山頂レストランでいただいたレシュティという(Rösti)スイス料理。チーズが美味しい。

Gemmibahnロープウェイの山頂レストランでいただいたレシュティという(Rösti)スイス料理。チーズが美味しい。

そして気になる温泉ですが、村内には観光客にも人気の大規模な公共温泉スパが2件、その他小規模なものや、独自のスパが併設されているホテルもあります。
泉質は硫酸塩泉だそうで、実際に入ると沸かし湯とは違う温泉の質感を実感できます。日本の温泉とは違い水着着用の混浴、泳いだり、浮かんだり、ジャグジーに浸かったりと、浴場とプールの混ざったような感覚です。
ちなみに多くのスパの一角には、別料金で、男女混合しかも水着付けずに入るアダルトオンリーのサウナコーナーもあります。


Torrentbahnロープウェイから眺めたロイカバード

Torrentbahnロープウェイから眺めたロイカバード

村内のホテル宿泊者には、滞在中の周遊バスのフリー券が配布され、またロープウェイや温泉スパの利用も割引を受けることができます。物価が高いと有名な北欧スウェーデンにも増して高いスイスですから、通常に入るより少しでもお得に、大変重宝する村全体でのサービスと思いました。
ちなみにレストランの価格も、スウェーデンの1.5~2倍ぐらいが相場です。


スイスに来たからには外せないモーベンピック(Mövenpick)のアイス

スイスに来たからには外せないモーベンピック(Mövenpick)のアイス

以前には、ポーランド南部ザコパネ近郊にある温泉も行ったことがありますが、欧州で温泉巡りも、今後ももっと楽しみたいと思うものです。


レポーター「山本 グィスラソン 由佳」の最近の記事

「スウェーデン」の他の記事

タグ:スイス,温泉

  • 161 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives