スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…公務員
居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2020.11

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

狭い路地を歩いていくと、次にどんな建物が見られるのかワクワク!

狭い路地を歩いていくと、次にどんな建物が見られるのかワクワク!

 今年は新型コロナで、自由に海外旅行を楽しむのもままならない状況だったので、スイスで国内旅行をしていました。

 スイスは九州ほどの小さな国でありながら、ドイツ語圏、フランス語圏、そしてイタリア語圏と主に3つの異なる言語・文化を持つユニークな国。そのため、同じ国にいながら、まるで外国へ来たような気分を味わえるのが面白いです。


突然階段に。ここを上がると何があるのかな?まるで迷路です

突然階段に。ここを上がると何があるのかな?まるで迷路です

 世間の夏休みが終わりに近づいたある週、数日滞在したのはスイス・イタリア語圏ティチーノ州。州都ルガーノ(Lugano)や、毎年夏に開催される国際映画祭で知られるロカルノ(Locarno)など、観光客が多く訪れる地域ですが、筆者が訪れた時は、欧州外からの観光客の不在、そして夏休みの終盤であったことなどから、例年のにぎやかな様子に比べ、若干ひっそりしているように思えました。


オリーブが両脇に茂る小径。延々と続くオリーブの道を歩いていると、南欧にいる気分。

オリーブが両脇に茂る小径。延々と続くオリーブの道を歩いていると、南欧にいる気分。

 今回ご紹介するのは、スイスとイタリアの国境にあるガンドリア(Gandria)の町。ルガーノ湖沿いに位置しており、色とりどりので可愛らしい家がぎっしりと、湖岸にはりつくように並んでいます。

 どことなくノスタルジックな雰囲気の石造りの小路が、迷路のようにどこまでも続き、ここで散策を楽しむ観光客も少なくありません。


オリーブの実が大きく育っていました

オリーブの実が大きく育っていました

 イタリア語圏で、しかもイタリアもすぐ目と鼻の先ということもあり、スイスの他の地域よりも良い気候に恵まれています。

 ちなみにガンドリアからカスタニョーラ(Castagnola)という地区まで、2kmに渡って続く<オリーブの道>があることでも知られています。以前はオリーブ栽培がとても盛んだったのだそうで、現在も多くのオリーブの木々が育ち、ちょうどガンドリアを訪れた時は、オリーブの葉とグリーンの実が爽やかな雰囲気を醸し出していました。


ガンドリアを探索していると、このようにネコちゃんたちに多く遭遇

ガンドリアを探索していると、このようにネコちゃんたちに多く遭遇

 ガンドリアには、どこか昔の時代の、スイスではない知らない国に一瞬迷い込んでしまった…といった気分にさせる空間があります。今回は夏に来ましたが、春や秋などになれば、また違う顔を見せるのでしょうか。


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 88 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives